ここから本文です

芝の病気について(ピシウム起因の立ち枯れ病)

sta********さん

2012/7/821:38:49

芝の病気について(ピシウム起因の立ち枯れ病)

現在ティフトン芝を鳥取形式で植えて3ヶ月目、ほぼ全面に広がりました。

梅雨前からピシウム菌による被害が確認されたので、タチガレエースを蒔いておきました。(菌糸部のみスポット撒き)
今日、梅雨の日の晴れ間でしたので、早朝みてみると、またピシウム菌が確認されました。
しかもかなりの箇所に。。。><
黄色化している部分もかなりあります。。。。。><
梅雨前は、タチガレエース1000倍にダインを展着剤として使用しました。

今回、またタチガレエースを再度購入して撒きてみようかと思いますが、
前回散布より一ヶ月も経っていませんが、追い撒きしても大丈夫でしょうか?
それとも他の種類の薬にしたほうが良いのでしょうか?
他の種類にしたほうが良い場合、どんな種類が効果的でおすすめですか?
それと常備しておきたい薬はどんなものがありますか?


それと一般的にピシウム菌が存在する時、菌が他の部分にも移るので芝刈りしないほうが良いと
言われていますが、自分は軸狩りになるのを恐れて芝刈りしています。。。。
おそらくそれが原因で移ったのだと思うのですが、軸狩りも許せず。。。。
みなさんこんな場合、どうしてますか?

あわせてご教示下さい。

補足ちなみに梅雨前にタチガレエースを撒いたにも関わらず、なおもピシウム菌が存在するってことはどういう事なのでしょうか?

ピシウム菌,タチガレエース,立ち枯れ病,ティフトン芝,ピシウム起因,ピシウム,殺菌剤

閲覧数:
3,386
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cuu********さん

2012/7/1122:21:49

ティフトンにピシウムは感染しません。
なので、ピシウム病ではありません。

質問者さんはなぜピシウムだと判断されたのでしょうか??

菌糸が目に見える場合はダラースポットの可能性が高いです。
残念ですが、タチガレエースではダラースポットには効きません。
当然、グリーンビセットDFも効きません。

ただ、写真の症状はダラーには見えないので、何か違う病気も併発してるかもしれません。

芝生用殺菌剤は中々売られていないので、農耕地用になりますが、少し強めのアミスターフロアブルかオンリーワンフロアブルの散布をオススメします。
大きいホームセンターなら売られていると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tos********さん

2012/7/906:14:07

鳥取方式だと、チッソレベルが高くなりすぎてる場合が多いですね。
早く広がって欲しいのは解りますが、肥料過多にならないよう気をつけます。

殺菌剤は、梅雨前に使ったものとは別系統の殺菌剤を使ったほうがいいです。
有機リン系のグリーンビセットDF等はどうですか?
キトサン溶液も効果があると言われています。

ピシウム菌は土中で繁殖します。
菌糸が表面に出てれば、芝刈りや歩いただけでも他に感染するでしょう。
表面に出て、発病した場所だけにスポット散布するより、芝全面に散布する必要がありますね。

>ちなみに梅雨前にタチガレエースを撒いたにも関わらず、なおもピシウム菌が存在するってことはどういう事なのでしょうか?
根絶されてなかったってコトです。
ピシウム菌にも種類があるので、殺菌剤を変えて散布します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる