ここから本文です

初めて質問します。 私は透析室で働く看護師です。 現在、ヘパリンシリンジ製剤を利...

aki********さん

2012/7/1321:55:26

初めて質問します。
私は透析室で働く看護師です。

現在、ヘパリンシリンジ製剤を利用しているのですが・・・・・

持続投与量 4ml/hに統一するため初回投与量を時間ごとに変えています。3h→10ml 3.5h→8ml 4h→6ml

他の施設ではどういう風に使用しているのでしょうか?煩雑なので何かいい方法があればアドバイスください。

閲覧数:
7,064
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

khx********さん

編集あり2012/7/2010:39:58

基本的な考え方が違います。

本来は、持続的に何ml注入するかではなく、持続的に何単位を注入するかではないですか?

例えば、プレフィルドヘパリンシリンジ1mlが250単位であるとします。

初回投与が1000単位で、持続投与が800単位の患者だった場合の投与量はどうなるでしょうか?
初回は4mlを注入して、持続は3.2mlを注入していく事になりますよね。

もし、3時間透析患者であれば、3(h)×3.2+4で総量14ml以上のプレフィルドを使用します。

もし、4時間透析患者であれば、4(h)×3.2+4で総量17ml以上のプレフィルドを使用します。

残量がもったいないのであれば、総量がギリギリのものをラインナップすれば良いですね。
ですが、もしトラブル対応も考慮するなら、残量を破棄する様な総量にしておいても良いと思います。

それは、病院ごとの考え方で変わってきます。


例えば、上記のプレフィルドシリンジを採用しているとして、凝固しやすい患者に対してはどうしましょうか…

初回投与を1500単位で、持続投与を1000単位と変更した場合には投与量はどうなるでしょうか?
初回は6mlを注入して、持続は4.0mlを注入していく事になりますよね。


この様に、ヘパリンというのは単位数で変えるものです。
したがって、初回投与量が質問者さんの病院の様に変更される事はありません。

もし、そんな初回投与をしていたら、3時間透析患者と4時間透析患者で言えば、3時間透析患者の方が抗凝固作用の亢進によって止血時間が長くなり、出血しやすい状態になってしまいますよね。

プレフィルドシリンジのヘパリンを全部使わなければならない事はありません。
残量は破棄が基本です。

もう1度ヘパリンの入っている箱の添付文書を熟読してから、抗凝固剤の検討をして下さい。

参考になれば幸いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sur********さん

2012/7/1610:19:40

当院では持続量も、ワンショット量もインシデントを防ぐ為統一しています。ヘパリンの目的は透析中に回路などの異物に反応して血液が凝固してしまうのを防ぐ為なので、時間に関係無くすべての患者さんに同じ量を入れなくても良いと思います。当然短い(体外循環)時間の患者さんには少ない量のヘパリン量でよいですし、逆に長時間透析には多い量必要になるはずです。量は統一し、それで凝固していまう患者さん(ヘマトが濃かったり、体格が良かったりする患者さん)には単位数が多いヘパリンシリンジを使ってはどうですか?であれば、いちいち量を変える必要は無いですよ。短い透析時間の患者さんにワンショットを増やしてしますと、出血を助長させてしまうかもしれません。

tc5********さん

2012/7/1409:14:45

初回がなくても問題ないですし、
初回1ml統一でも特に問題ないと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる