ここから本文です

「時間の流れ」とは何ですか?これについて「時の停止」を対義語として考えてみま...

polyxenaさん

2012/7/1401:00:42

「時間の流れ」とは何ですか?これについて「時の停止」を対義語として考えてみました。

テレビドラマや映画、漫画など、空想上で「時が止まった」ことを表現した作品があります。
時の停止…
時計の秒針がピタッと止まる。
歩いている人が足をまたいだまま止まる。
右手に握ったテニスのラケットは大きく振られ、まさにボールに触れるすれすれのところで止まっている。
ボールが宙に浮いたまま止まっている。
さらには地球の自転・公転までも。
この空想上における時の停止は、あらゆるものが静止していることで表現されていると思います。
ということは、一つの考えとして「時の停止」とはあらゆるものが静止した状態を指すのでしょうか?

カメラで1枚の写真を撮った時、全てが止まって見えることから現実でも身近に目にする事が出来ます。
しかし、写真の中の情景は「瞬間」を捉えたもので、実際に時が止まっていたわけではないのが現実です。

では逆に考えてみましょう。
ものの静止が「時の停止」だとすると、「時間の流れ」は、ものが動いているということになるのでしょうか?
これについて、少し考えると、迷ってしまうシーンもあります。
例えば人気のない山道に大きな岩が落ちていたとして、基本的には人が触れない限り動きません。
しかし自然界には風や雨、日照といったその他多くの要素があるため、岩は時とともに原型が変わってゆきます。
静止しているように見える物体も物質的変化は起きているということです。
上記の事から、物質的変化(状態変化)も、動きの一つとして解釈する必要がありそうです。

そこで、人工的に作り上げた特殊な空間(部屋)の中に無機質な石を置いたらどうなるのでしょうか?
イメージとしては美術館のガラスケースが思い浮かびます。一定の温度・湿度に管理され、収蔵してある美術品が傷まない様に作られた特殊な空間です。もしも、これより精度が高く特殊な空間を人工的に作り上げることができれば、「状態変化の起きない無機質な石」を再現できるかもしれません。石は静止し、尚且つ状態変化も起きません。
果たして、そこでは時間は止まっているのでしょうか?

補足皆さん、たくさんの回答ありがとうございます。
お礼文には200文字の字数制限があって不便ですね。
書ききれませんでした。
皆さんも、このテレビ番組のVTRは一度観ておかれた方がよいと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=2yMlqLn2BQ8

閲覧数:
498
回答数:
10
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ori********さん

2012/7/1418:10:55

ども。

前提にそって考えれば
『観測者には時間が止まってるように見える。
でも、見えるだけで実際には止まっていない。
だって観測者たちは時間で交代するもんね。』
となります。
つまり、『止まっている』ことを証明するために『止まっていない観測者』が必要だという訳です。


しかし、質問者様の根本的な疑問は『時間の流れって何?』ってことだと察します。


ですがそこまでいくと物理学、数学、哲学、など学問的なアプローチによって違ってくるので。。。。
時間の流れを『過去から未来へ』ととらえるか、『未来から現在、過去へ』ととらえるかで物の見方も違ってきますし。


思考のヒントになりそうな動画です。40分ちょいあるのでお暇なときに。
http://www.youtube.com/watch?v=2yMlqLn2BQ8

質問した人からのコメント

2012/7/15 15:51:04

質問文には多くの指摘点がある事は自分で解っていましたが、色々な角度からの意見を得たく、あえて そのまま質問いたしました。
私は「生まれ変わり論」において肯定派としての意見を持っています。
それに関連して、時間についても数多くの疑問がでてくるのです。
orientalさんの教えてくれたVTRは2度観てしまいました。
このカテに興味のある人は一度観ておいた方が良いですね。

他の方の回答も参考にさせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/7/1513:34:27

大本が間違ってます(^^

時間は流れません!

時間の流れを川の流れのようなイメージで捉えるのは間違いです。何故なら時間には未来や過去は存在せず、瞬間的な今があるだけだからです。今という瞬間も定義できません。数学的には今という瞬間の時間的な幅はゼロだからです。そのため時間という概念自体が無意味なのです。

物理学では時間の経過(時間の流れ)は意味を成さないんです。それどころか、物理学を突き詰めて行くと時間そのものが不要になってしまうんです。物理学で「時間の流れ」を定義しようとすれば、「それは何に対する流れなのか?」を決める必要があり、不可能なのです。

「時間の進む速さは?」という質問に答えられますか?

おそらく「秒速1秒です」と答えるしかないでしょう。
しかしこれでは循環論法です。
何も言ってないに等しい。

mi4********さん

2012/7/1502:04:49

原子や電子は?・・・
それに、空間という多次元・多重の充満の御体と
そこに充満する想念エネルギーなどを、
止める方法などあるのでしょうか?

ただ?その時間は自由の余り、人の感覚からすると?
酷く崩壊しているか?支離滅裂のように感じられる
かもしれませんが?

sit********さん

2012/7/1500:27:05

一般的に言う時間とは、物理的時間のことです。科学的変化における時間は考慮されません。
物理的時間が静止することはありません。万物が静止しているように見えるとしても、光は移動しているから貴方の目に入り、貴方の脳みそには時間が流れてるから認識できるのです。実際に物理的時間が静止すればすべて止まりますので、あらゆる存在そのものが成立しません。静止しているように見える対象と貴方の脳も無関係になります。
最後のようなものは、物理的時間が流れていても化学的時間は流れていないということです。化学的時間を動かすためには化学変化が必要です。
時間は実は多重なんです。物理的時間の上に化学的時間があり、生物学的時間があり、政治的時間などがあるのです。
時計が連動しているのは物理的時間です。そのほかの時間とは必ずしも連動しません。

アバター

ID非公開さん

2012/7/1421:04:44

こんばんは。さきほどはご回答ありがとうございます。
面白い発想をするんですね^^ 大体答えが出尽くしたようですが・・
その岩石にタイムスケールを合わせると周りの風景が物凄い速度でコマ送りされる。
逆に周りの風景にタイムスケールを合わせればその岩石があたかも静止した様に見える。
ただどちらも物理的には変化は止められない。ミクロレベルで見ればなおさら・・。
その岩石は「擬似的に」時が止まって見えるだけなんでしょうね。
その性質を古代から利用してきたんですね、そう「メッキ」等金属被覆処理、とかね。
状態を特性を維持しようと、時を止めようと工夫しました。まさにその発想です。
人間の生き方に例える野暮は言いたくないが、周りに合わせるか(変化に追随)、
岩のように不変(普遍?)を貫くか?
どちらが良いってわけでもない、とても考えさせられますね。時にはメッキも必要になる。
ところでSPECのニノマエ君のような能力、とかサイボーグ009の様な加速装置があったら
楽しいでしょうね。「老い」をコントロールできるかも知れないね^^
化粧では無理でしょうね^^; 最近は進歩したようですが・・。

2012/7/1412:52:53

時の流れを人間はどうすることもできません。
ですからダイヤモンドなどのように不変なものに憧憬の念をいだくのです。
神社なども何百年経過しても同じ場所にあることで崇拝されているのです。
ダイヤモンドに時間の流れはありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる