ここから本文です

「適当」という言葉には「適切」という意味と「いい加減」という意味の相反する意...

robo6020さん

2006/8/2008:48:39

「適当」という言葉には「適切」という意味と「いい加減」という意味の相反する意味があります

何故このようなことになってしまったのでしょうか?
(紋切り型の「適当(適切)に判断します」を連発した結果、守られない言葉の代名詞になってしまったとか?)

また文脈上どちらに取れるケースもあって困り物です
2つの意味をうまく使い分ける方法はないでしょうか?

ご存知の方、教えて下さい

閲覧数:
142,982
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jo7koaさん

2006/8/2120:05:41

適当とは、「適切かつ妥当」の省略されたものです。通常の解釈では物事に対して適切なのかを判断してるといったいい意味でつかわれます。

しかし相手を軽視していた場合その人の身分相応でいいやと考えるのも、いい加減なものに対していい加減なもので行う、これもある意味 適切かつ妥当 になってしまいます。

つまり、相手をさげすんで、あいつに見合う分でいいや という意味で使われ始めそれが定着したものが いい加減タイプの適当です。

質問した人からのコメント

2006/8/26 23:07:49

ありがとうございました

「適当 意味」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

snoperaoさん

2006/8/2016:20:06

適当は「当」という漢字があるように、ある事項について「当」てはまらないと
いけない言葉です。「テキトー」などとカタカナで書いてしまうと、「当」てはまらなくても
いい印象を与えてしまいますが、「ど真ん中のストライク」が本来の「適当」だと思います。

saichiriさん

編集あり2006/8/2009:09:47

慣用として使われているうちに、本来の意味からずれた言葉はたくさんあるようですが、真反対の意味にずれた例ではないでしょうか。

適切な意味の適当 ⇒ 丁度よい加減 ⇒ いい加減 ⇒ いい加減な適当
いい加減には好い(良い)加減と言う言葉もありますから余計に混乱したのではないでしょうか。

と言うようにです。

kinyakuboさん

2006/8/2008:59:35

「いい加減」という言葉こそ本来の意味が違ってます。「いい加減」も「適当」も適切に同じなのですが、許容範囲が広まってしまい、ついには外れてしまいダメなほうに移行しました。日本語は常に変化を続け意味が変ったり、誤用のものが大手を振って登場します。そのときの学者、知識人が騒いでも大勢が使うものに巻き込まれるのです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。