ここから本文です

蛍光灯器具について

etc********さん

2012/7/2218:34:03

蛍光灯器具について

蛍光灯器具にLED蛍光灯(グロー式器具は工事不要)の物を取り付けたいのですが
説明にグロータイプの場合は点灯菅をはずせば使用できますが
安定器への回路をカットすることで更に省エネ効果が得られますと書かれています。

①安定器への回路をカットすることによって省エネ効果がどの程度変わるのでしょうか?

②LED蛍光灯にすることによって暗くなるんでしょうか?

今使用している蛍光灯は
パナソニック・40形直管蛍光灯(昼白色)ラピッドスタート形FLR40SNMX36 38個です

LED蛍光灯のどっちにするのか迷っています。

LED蛍光灯チューブ管40W蛍光灯型 タイプ 昼光色(6000K) 全光束 1200lm
定格消費電力 15W定格入力電圧 100-200V

または

LED蛍光灯チューブ管相当 40W型蛍光灯型 タイプ 昼光色(6000~6500K) 全光束 2000-2100lm
定格消費電力 24W 定格入力電圧 100V


教えてください。

閲覧数:
2,203
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mir********さん

2012/7/2300:20:54

FLR40SNMX36 蛍光ランプの仕様は、
パナソニック 40形直管蛍光灯・フルホワイト(昼白色)・ラピッドスタート形
始動補助方式:内面導電皮膜方式(/M-X)
・特長と構造:ガラス管内面全体に、透明の導電性皮膜を施したランプ。ランプ自体に始動補助装置を内蔵しているので、器具には始動補助装置は不要。
・用途:一般用(ラピッドスタート形ランプの標準タイプ インバーター式器具)
・使用できない器具:ラピッド式の(連続)調光用器具
種別:40形
光色:フルホワイト(昼白色)
寸法:ガラス管径32.5×長さ1198mm
質量:253g
口金:G13
定格ランプ電力:36W
ランプ電流:0.440A
全光束:2,850lm
色温度:5,000K
定格寿命:12,000時間

全光束が2,850lmで、定格ランプ電力が36Wなので、エネルギー変換効率は79.17lm/Wです。


①について
安定器も電力を消費していますので、電源供給をカットすれば消費電力は無くなります。
蛍光ランプを間引いたり全て取り外した状態で通電し続けると省エネにならなかったり安定器が焼損する事もある様なので、安定器のタイプ等を良く確認しておいた方が良いです。(切り離すのであれば問題なし)
(参考)
http://www.tlt.co.jp/tlt/support/faq/facility/thinout.htm
http://www.kdh.or.jp/safe/document/by_es/low_file16.html


②について
パナソニック FLR40SNMX36 40形直管蛍光灯・フルホワイト(昼白色)・ラピッドスタート形 内面導電皮膜方式(/M-X) 全光束 2,850lm 定格ランプ電力 36W
のエネルギー変換効率は79.17lm/W

LED蛍光灯チューブ管40W蛍光灯型 タイプ 昼光色(6000K) 全光束 1200lm 定格消費電力 15W定格入力電圧 100-200V
のエネルギー変換効率は80lm/W

LED蛍光灯チューブ管相当 40W型蛍光灯型 タイプ 昼光色(6000~6500K) 全光束 2000-2100lm 定格消費電力 24W 定格入力電圧 100V
のエネルギー変換効率は83.33~87.5lm/W

蛍光ランプは、全光束:2850lm 消費電力:36W エネルギー変換効率:79.17lm/W
15WLED蛍光灯は、全光束:1200lm 消費電力:15W エネルギー変換効率:80lm/W
24WLED蛍光灯は、全光束:2000~2100lm 消費電力:24W エネルギー変換効率:83.33~87.5lm/W

現在の蛍光ランプを基準にすると
15WLED蛍光灯は、全光束が42%に減り、消費電力は58%の省エネ、エネルギー変換効率はほぼ同じ。
24WLED蛍光灯は、全光束が74%に減り、消費電力は33%の省エネ、エネルギー変換効率は約10%向上。

蛍光ランプは、天井方向等全方向へ光を放射します。
LED蛍光灯は、通常、チューブ内のパネルにLEDが固定されているので、主に真下方向にしか光を放射しない。
蛍光ランプの真下方向の光のみをLEDでカバー出来れば良いのであれば、蛍光ランプと同等の全光束値は必要ありませんが、照らされる部分は明るさを確保出来ますが、天井は暗くなります。

15WLED蛍光灯は、全光束値が蛍光ランプの半分以下なので、現状よりも暗くなるか、真下の照度は同等でも壁や天井方向は現状よりもかなり暗くなると思います。
24WLED蛍光灯は、全光束値が蛍光ランプの7割あるので、真下照度は現状よりも明るくなるかも知れません。天井方向は照らさないと思いますので、天井は暗くなると思います。


ランプ本数が38本
蛍光ランプと安定器を合わせた消費電力が40Wとすると、40W×38=1520W
15WLED蛍光灯に交換すると、15W×38=570W(安定器をカットした場合)で、62.5%の省エネ(1時間当たり全体で約21円の電気代の節約)
24WLED蛍光灯に交換すると、24W×38=912W(安定器をカットした場合)で、40%の省エネ(1時間当たり全体で約13円の電気代の節約)

いきなり全数交換する様な事はせずに、数ヶ所試験的に交換してみて雰囲気や状態を確認された方が良いと思います。

質問した人からのコメント

2012/7/23 22:43:06

降参 詳しい説明ありがとうございます。
少しずつLED蛍光灯に交換します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる