ここから本文です

B型慢性肝炎で20年近く病院に通っています。

mit********さん

2012/7/3015:07:12

B型慢性肝炎で20年近く病院に通っています。

現在HBs抗原+ s抗体ー e抗原ー e抗体+ でALT値も正常です。
毎年DNA ポリメラーゼも検査していましたが、なくなったということで今年は検査しませんでした。ちなみに去年は2284cpmあり一昨年以前は0でした。
医師に数値が上がっているがと聞くと、そんな時もあると言われただけでいまいち自分の状態がわかりません。
エコー検査では少し脂肪肝になっていると言われました。

様子を見てインターフェロン治療を考えるといわれたのですが、s抗体がつくことはあるのでしょか?
現在年齢は39歳です。

20年前にインターフェロン治療は3回ほどしました。

毎年年1回定期検査をしています。
今の状態のままだと肝硬変になる確率はたかいのでしょうか?

閲覧数:
810
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mai********さん

2012/7/3021:10:43

最近ではDNAポリメラーゼでなく、HBVDNA量を測り、治療を決めます。ALTは正常ということですが、B型肝炎で35歳以上の方では、ALT31以上でHBVDNAは4ログコピー/ml以上なら治療対象になります。DNAポリメラーゼが増加しているとすればウィルス量は増えているかもしれません。治療方針は最近は飲み薬エンテカビルが第一選択になっているようです。B型肝炎でもジェノタイプによってインターフェロンの反応が異なり、ジェノタイプBで4-5割、ジェノタイプAかCなら2割位の方に効果があります。S抗体がつくこともありますが、ウィルス量(HBVDNA)を低く(3ログ以下位に)抑えておくと肝硬変や肝癌を発症しにくいと言われています。肝臓専門の先生のところでよく相談し定期的に管理を受けるようにしてくださいね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる