不動産自宅の売買でのトラブルです。自宅一戸建てを売却します。不動産会社と売却契約をして活動しています。チラシやネット掲載など活動開始後2か月程度後に内見者が現れ、内見されました。

不動産691閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(4件)

0

2カ月以上売れずに見に来る人もいなかったのですから、足元を見られるのは当然です。 相場云々ではなく、高額な物件なので買う人がほとんどいないのでしょう。こだわって買う人もいないのでしょう。同じ高額を出すなら新築を買うでしょう。 売れないのですから相場の意味もありません。売れる値段まで下げる事です。

0

逆の立場です。 気に入った物件をA社仲介で内覧しました。その後資金計画等を検討していると1~2週間くらいすぐに経ちます。その間、営業マンに資金計画を立てていると言えば、連絡は取り合いません。営業マンは、それで逃げたと思う方もいるようですし、時間が経ってからその後どうか連絡をくれる方もいます。私の場合は、A社に期限を切って資金計画を立てるので、何日後に連絡しますと言ったのに、営業マンは売り主さんに勝手に買う意志無しと言ってました。約束の期日に、購入意志を伝え申込書を出すと言うと、すでに他の方と交渉中と言われました。諦めきれず、他の不動産B社で問い合わせたところ、同じ物件は内覧こそあるものの、購入希望者は出てきてない言いました。そこで、それまでの経過を話し、B社仲介で購入したい旨を伝えると、快く資金計画からお付き合いしてくださいました。 結局、売り主さんは、そのやりとりの間、私がA社仲介で最初に内覧してから2ヶ月近く経っての指し値交渉となりました。 不動産からは値下げの話がずっと持ちかけられていたそうで、価格交渉はある程度は仕方ないと思っていたそうです。 また、もう一方A社の不動産の営業マンからは私のことについてはあることないこと聞かされていたそうです。例えば、職業や個人情報(これは事実のこと)、高額の値下げ交渉を希望しているとか、他の物件と天秤にかけている、ただの冷やかしっぽいだの、全く事実と異なりますが、売り主さんに伝え、他の内覧者を次々連れてきていたそうです。 今でこそ、販売期間中の内情を聞かせてもらえ、同じようにしていても営業マンでここまで話の持って行かれ方が違うのだなと 感じています。

0

価値観は、様々ですから相手の行動に気にするのはご法度です。 内見も、営業マンが3回以上はNGと先方に言えばよいかと思われます。 民法上、申し込み書を出していませんので特に相手はおかしいとかは、ありません。

0

>2か月以上経過しても、問い合わせがほとんどありません。売価が相場より高いわけでなく、むしろ安いくらい。 大きな勘違い。単純に高いのでしょう。まともな不動産なら値段さえ下げればすぐ売れる。 >購入希望者がいるとウソで伝えたら そんな小細工するような担当者だから足元を見られるのでしょう。 売る売らないは自由。 値段の折り合いさえつけば買うつもりがあるのなら最初から指値するでしょう。その内覧に来た人は完全に冷やかしだと思います。