ここから本文です

B型肝炎訴訟の準備をしています。 ジェノタイプAeの検査

tow********さん

2012/8/112:37:45

B型肝炎訴訟の準備をしています。
ジェノタイプAeの検査

B型肝炎
ジェノタイプAeの日本への伝播は10数年前という記事を見ました。が
30年前の感染でジェノタィプAeと判明することはあるのでしょうか。
検査前に気になる事があり知恵袋で質問しました。
また幼少期の感染でジェノタィプAeとなることはあるのでしょうか。
ジェノタイプAeについて教えて下さい。

補足確認された時期ではなく、
仮に感染者が肝炎ジェノタイプAeに感染していたのが30数年前の場合はどうなのかを知りたいのです。
ありえないことでしょぅか。
よろしくお願いします。

閲覧数:
7,832
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2012/8/810:11:56

※B型肝炎ウイルスのジェノタイプのいかんによって、幼児期における集団予防接種等とB型肝炎ウイルスの持続感染との間の因果関係の存否を判定する事ができるかどうかについては争いのあるところではあるが、本基本合意案においては、ジェノタイプAe型であることは、集団予防接種等以外での感染原因が疑われる事由とするもとしている。

と言う事からジェノタイプAe型の方の本訴訟への参加は出来ないと言う事です。

即ち集団予防接種での感染であるならジェノタイプB型かC型のどちらかだと思います。

30年前にアメリカに行って性行為を行って感染したのなら可能性は否定できませんが、訴訟の対象者が6歳未満の時ですからあまり考えにくいケースと言う事から、基本合意ではジェノタイプAe型の方は集団予防接種においての感染では無いとしています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mar********さん

2012/8/209:41:04

ジェノタイプAeのウィルスが国内で正式に確認できたのはH8年です。
B型肝炎訴訟でジェノタイプの検査が必要になるのは、感染が判明した時期がH8年1月1日以降の人です。
カルテ等の医療記録で感染が判明した時期がH7年以前という証明が出来ればジェノタイプの検査は不要です。
A型には欧米型と言われるAeとアフリカ型と言われるAaがあります。
B型肝炎訴訟で問題になるのはAe型です。
Ae型は大人が感染した場合でも約10%がキャリアになると言われています。
最近の急性肝炎の患者の半数以上がAe型との事で、先日の日本肝炎デーのセミナーでもAe型の急増は憂慮すべき事態との話がありました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

せっかくの機会が台無しです

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる