ここから本文です

物権の初歩的な質問です。売買契約の目的不動産を、買主Bが売主Aから買い、さらに...

cal********さん

2012/8/218:48:39

物権の初歩的な質問です。売買契約の目的不動産を、買主Bが売主Aから買い、さらに買主Bが第三者にそれを譲ったとします。ちなみに、第三者は登記をまだ経ていません。 この場合、売り主Aは契約解除の効果を第三者に対抗することができますか?判例はどのような立場をとっているのでしょうか?

よろしくお願いします。

閲覧数:
127
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mas********さん

2012/8/218:58:03

登記の所在が書かれてませんね。
登記が買主Bのもとにあり,まだ解除していないのであれば,第三者はBから登記を移転してもらうことで,売主Aに対抗できてしまいます。
すでに解除がなされている場合も,やはり登記がAに戻っていないと対抗問題になりますので,いずれにせよ登記がAのもとにないと,Aは第三者に対抗・優先しないと考えられます。

質問した人からのコメント

2012/8/7 00:49:38

感謝 ありがとうございました。とても参考になります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる