ここから本文です

幽霊を見たと言う回答について。

pat********さん

2012/8/219:57:52

幽霊を見たと言う回答について。

ずっと皆様の意見を拝見してましたが平均に6~7割りの方は睡眠前後か睡眠中に霊を見ているように思います。いたずらに否定している訳では無く霊と睡眠は深い関係が有ると思うのですがいかがでしょうか?

ただ単に寝ぼけてる方も居るとは思いますがそれにしては多すぎるように思います。睡眠前後の状態が霊を呼んでるのか霊が睡眠状態に入りやすい、もしくは霊が睡眠状態に無理やり入ってくるのか回答頂けると光栄です。よろしくお願いします。

閲覧数:
249
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ti0********さん

2012/8/223:09:16

無意識、というのは何か違う世界への
入口なのかもしれませんね。

幼児の方が霊を見やすい、と言いますが、
大人が寝ている時の無意識状態と、幼児の
意識は、似ているのかもしれません。

質問した人からのコメント

2012/8/9 17:13:29

文章が短くて的確だったと思います。ありがとう

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nya********さん

2012/8/300:22:42

前後に多いのは きっと人の意識が薄いからかなぁ・・・・と。

起きてるときは意識がはっきりしてて、相手がよっぽど強く出ないとこちらも見えないのでは?
と思います。

お昼の起きてる時に見た時は、いつも ぼーっとしてる時、無意識の時です。

必死に勉強してて ふと 前を見た時、ぼーっと人を待ってる時などです。

人の意識がはっきりしてない時は無防備になるので、
確かに寝る時は対策をして気をつけて寝てます。

呼んでいるのでなく、相手が近づきやすいのか、見えやすいのかどちらかだと思いますが、

どちらにしても、こっちが弱い時(睡眠時や無意識のときに)見易いと思います。

アバター

ID非公開さん

編集あり2012/8/709:16:34

幽霊現象肯定者です。ご質問を読みますと幽霊は霊と関係があるという前提で質問をされています。考察として一般的に認識されている霊・霊魂とは関係のない幽霊現象という考えもあります。 私は自分自身の記憶にも無い知らない故人の幽霊と遭遇しました、それは亡くなった故人の十数年後の命日の出来事(体験)です。その時刻は今頃ですが風が強い日でその為にでドアが動き、その音で目が覚め、その方向を見ると着物(浴衣)を装った人間が歩いて現れました。初めは生身の人間かと思いましたが、良く見ますと足の動き等見え方不自然で、ぎこちのない動きをして近ずいてきまして良く見ますと画像的に見え透けた様な感じで幽霊だと分かりました。見えた時間は数十秒間で幽霊さんの顔は遺影写真よりも若い感じです。幽霊さんの消え方は腰の辺りから少しずつ消え始め上に浮き上がり顔が最後に消えて見えなくなりました。なぜ、知らない故人の命日だと特定出来たのは幽霊だと感じた時に今日は命日だと直感的なものです。 その後調べて見ますと身近な人(故人)の命日でしたので、すぐわかりました。私は、この体験後から人の死後の魂(霊魂)の存在を今まで確信していましたが良く考えてみますと幽霊を見る(見える)原因は他にもあるのではないかと考える様になりました。あくまでも推測の域を出ませんが以前購入した書籍「ストレスと上手につきあえる!!」という本にも記載があります。『人間の能力は、氷山に例えられる事もある。氷山は海上に姿を現わしている部分は実はごく一部で、巨大な体積が水面下に隠されているという状態と同じだというのである。脳の働きを記憶という面からだけ考えてみても、私たちは十数年間に一度も思い出すことのなかった、過去がある瞬間に鮮やかによみがえることがある。夢の中で2歳頃のことを思いだしてみたり、酒を飲んでいて小学校の頃の出来事を思いだしたりするこは珍しくない。 また、大脳生理学者のペンフィールドは、脳外科の最中に、患者の側頭葉に弱い電流を流してみた。すると、全く忘れていた大昔の出来事がよみがえったり、ある音楽が聞こえてきたりしたという。私たちの心には五感を通して把握した情報が、分類されて膨大な数の引き出しの中にストックされている。この膨大なストックを思いのままに活用できれば素晴らしいことである。私たちの潜在意識はさまざまな可能性が眠る倉庫である』 そこで、私の対面した故人の幽霊さん(故人)は私が2歳の時期に亡くなった方ですが私自身がその故人の記憶が全く無いと思っても潜在意識の中に記憶されていたものかもしれません。 しかし、その故人の十数年後の命日に見たという事は単なる偶然でしょうか。上記の引用文に、2歳頃の事を思い出す事も珍しくない、とあります。自分自身の潜在意識の中に命日、故人の顔等までの記憶が蘇り幽霊として見たのであれば一般的に霊・霊魂と考えられている状態に起因しない現象(記憶の蘇り)として体験(見た)した事になります。見え始めた直前にドアが開いた音で目がさめた瞬間に眠っていた過去の記憶(命日等)が蘇った事による視覚的な体験なのでしょうか。 見え方ですが2とおりの見え方があるように感じます。睡眠から目が覚めた時でも、はっきりと肉眼を通して見ている見え方とイメージ的な見え方で例えば知人の顔を思い浮かべてイメージしているい時のような見え方です。上記の体験は、はっきりと見える方です。 幽霊に関しては体験者に限らず考え方が人それぞれに違いがあり、考察の余地が、まだまだ有り余っています。 ご質問の回答になっていないようでしたら戯言と思っていただいても結構です。 ご静聴ありがとうございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる