ここから本文です

間接話法について質問です。 間接話法では、 you =we me=himに変える と聞い...

jew********さん

2012/8/921:52:52

間接話法について質問です。
間接話法では、
you =we
me=himに変える
と聞いたのですが、なぜなのですか?

閲覧数:
272
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dra********さん

編集あり2012/8/922:54:52

そうしないと、矛盾が発生するからです

直接話法と、間接話法の違いについては、最初の解答者の方が、具体的に説明してくださっているので ここでは 直接話法から、間接話法に変わる際に 主語や、目的語がなぜ変わるか、だけ紹介します

直接話法で you を使った文を考えましょう

あなたが A さんで、B さんに、彼の言ったことを伝えるとします

まず、直接話法で、

He said to us ;“ You are smart."

という文においては、彼は、A (自分)と B (自分以外) の二人とも賢い、と言っていますよね

ところが、これを you をそのままにして

He said to us that you were smart.

とすると、ここでの you には 話し手は含まれませんから、賢いといわれたのは、B さんだけ、ということになり、意味が変わってしまうのです

この矛盾を避けるために、you から we に変えて、

He said to us that we were smart.

とする必要があります

me から him に変えるパターンも同じです

直接話法で、

Tom said ;“ My father sent me some money."

において、お金を送ってもらった me とは Tom のことですが、間接話法で、

Tom said that his father had sent me some money.

とすると、お金を送ってもらったのは、 Tom ではなく、話し手である自分になってしまいます 矛盾を避けるためには me を him にしなければなりません

今の文では、その他、意味を合わせるために my を his に、時制を合わせるために sent を had sent にしていることも、見落とさないでくださいね

長くなりましたが、参考にしてみて下さい

質問した人からのコメント

2012/8/11 22:27:12

ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kib********さん

編集あり2012/8/923:30:31

A said to B, " I love you." という英文があるとしましょう。
そうすると、直接話法の I はAさんで、you はBさんだとお分かりですか?
例えば、Tom said to Mary, " I love you." の直接話法の I は Tom で、
you は Mary ですね。
ですから「、直接話法の I と you は、それぞれ A と Bになることは確実です。
ですから、A said to B, のあとの直接話法の I や you 以外の語は、そのままの形で変化しません。
なお、said to は間接話法では、直接話法の文の種類によって変化します。
例えば、平叙文やふつうの Do 型の命令文「~しなさい」では、said to がtold に変化します。
ご参考まで。
(補足)
直接話法を間接話法に変えるときの注意点の1つに人称の変化がありますが、
直接話法内に I や you があるときは要注意ですね。
その他、「時制の一致」で現在形が過去形になったりしますが、現在形のままでもよい例外も結構あります。
例えば、直接話法内のことが、現在でもそのことが行なわれている習慣的な行為とか真理などは現在形のままでよいのです。
過去形が過去完了にならないこともあります。例えば、歴史的な事実は常に過去時制になります。
その他、副詞句の変化もありますが、これも例外が多いので、基本的なことをまず覚えてその後、例外的なことまで学習してください。
(補足その2)
『A said to B, のあとの直接話法の I や you 以外の語は、そのままの形で変化しません。』と書きましたが、厳密に書けば、I - my - me - mine や you - your -
you - yours 以外の代名詞は、そのままの形で変化しません、となります。

and********さん

2012/8/922:10:31

話法については、直接話法と間接話法があります。
直接話法とは相手の言った言葉をそのまま伝える方法です。
引用符(日本語なら「」、英語なら“”)で相手の言葉を引用します。

例文)
彼は言った。「僕は学生です。」
He said, “I'm a student.”

対して、間接話法とは相手の言った言葉を、話し手目線にして伝える方法です。
例文)
彼は彼が学生であるといった。
He said that he was a student.

それぞれの話法では、事実を伝えるものの立場が異なるので
話し手に合わせた主語や時制を用いることになります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる