ここから本文です

各スケールの特徴を教えてください。

kis********さん

2012/8/2217:40:31

各スケールの特徴を教えてください。

ex)~スケールは 明るい印象を与え ロックに向いている という風にお願いしますーー^^

閲覧数:
1,415
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kae********さん

2012/8/2222:49:23

長調と短調なら合計4種類弾いて自分で聴いて
その特徴を感じ取る方が良いと思います。
文字からは音は聞こえないでしょう。

明るい印象といえば一般的に長調しかないです。
短調の3種類は実際に弾いて自分で感じる事で
なぜ3種類あるのかが理解できると思う。

教会旋法のことを言ってるのなら、それはやはり
自分で7種類弾いてみて感じるしかありません。
言葉では旋律や和声の聞こえ方の説明はできません。

楽譜で説明しても楽譜見ただけで音が頭に響く
という感性を持っていないと無駄です。
つまりソルフェージュと聴音が出来る人だけが
判る訳です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

eik********さん

2012/8/2812:51:43

アイオニアンスケール:最もよく使われている。明るい印象。
ドリアンスケール:エオリアンを少しだけ明るくした感じ。ロックやジャズの一発ものなどによく使われる。
フリジアンスケール:スパニッシュっぽい感じ。情熱的な雰囲気。
リディアンスケール:アイオニアンより透明感があって、しゃれた感じ。
ミクソリディアンスケール:ブルージーな感じ。ブルースやロックに向いている。
エオリアンスケール:アイオニアンに次いでよく使われる。暗い印象。ナチュラルマイナースケールとも言う。
ロクリアンスケール:不安定な感じ。

ハーモニックマイナースケール:ナチュラルマイナーよりも短調感が強い。演歌的。
メロディックマイナースケール:ナチュラルマイナーよりも短調感が弱い。バロック的。

リディアンセブンススケール:ミクソリディアンに透明感を与えた感じ。
オルタードスケール:緊張感が最も高く、解決音を強く求める感じ。
ロクリアンナチュラルセカンドスケール:浮遊感がある。マイナーセブンスフラットファイブのコードでよく使われる。

ホールトーンスケール:緊張感が高く、迫ってくる感じ。
ディミニッシュスケール:緊張感が高く、機械的な感じ。

ペンタトニックスケール:各種ベンタトニックによって印象は様々だが、概して民族音楽的な雰囲気を持つ。応用範囲は広い。

クロマチックスケール:調性やコード感を持たない。


このくらいでよろしいでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる