ここから本文です

トレチノインについて。 トレチノイン0.025%を6日間顔全体に使用しました。 一...

アバター

ID非公開さん

2012/8/2222:31:30

トレチノインについて。
トレチノイン0.025%を6日間顔全体に使用しました。
一カ月近く経ったいまでも日々顔に恐ろしい変化があります。
今後どのようになるのかおわかりになれば教えてください。

家族のつかいで行った病院でトレチノインのパンフレットを見て、しわとシミが消せるというので興味を持ち、購入し帰りました。
その際、パンフレットに「医師の指示で使用してください。」と書いてあったので受付の方に確認したところ、「そのままお渡しできます。」ということで、「シミとしわの気になる所に薄く塗ってください。」と言われ、しわの気になる目の周りをぐるりと一周、シミの気になるほぼ顔全体に塗りました。
二、三日経つと顔がひりひりしてきましたが、その頃ちょうどタイミング悪くクレンジングを買い替えたばかりで、そのせいかと思いそのまま何日か過ごしてしまいました。
6日目の夜、(もうこれは完全におかしい。)と思い、ネットで調べたところ、目の周りへの使用は厳禁なこと、使い方を誤ると恐ろしい薬であることを知って愕然としました。
ネットに使用をやめれば治まると書いてあったのを鵜呑みにし、二日間様子を見ましたが状況は変わらず、別の病院へ行き、炎症止めの薬をいただいて帰りました。
外仕事の私は日焼け止めを塗っていてもはがれてしまうことが多く、翌日色素沈着が見られたので、最初の病院を絶望しながら受診すると、受付の人のミスで説明もせず売ってしまったということでした。
「もう塗るのをやめたなら、これ以上のことは起きない。」と言われましたが、その後、両方の鼻筋からまゆ毛までの皮膚がピンと伸びきり、その二本の間を眉間に渡り、横に細かいしわができ始め、メガネの鼻パットの後が少し腫れあがって消えません。
よく見ると傷跡のようにも見えます。今日は目頭も少し腫れてきました。
(お願い。もうこれで終わって。いまならまだこの顔で生きていける。)と祈るだけの毎日です。
将来どのような顔になってしまうのか。皮膚癌も心配です・・・。
自分の軽率さを悔みつつ、相手を恨みそうになる自分を抑えるのに必死な日々です。

すぐにお返事はお返しできないかもしれず、失礼をしてしまうかもしれませんが、
どなたかお知恵を貸していただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
90,299
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

prettygarbooさん

編集あり2012/8/2517:48:38

トレチノインクリームを15年位使用しています!
大丈夫です!よくなりますよ!
ネットで調べられて、おわかりだと思いますが、トレチノインは劇薬です。
効果は非常に劇的なのですが、副作用も激烈ですので、使用には細心の注意が必要です。
アンチエイジング評論家の朝倉匠子さんも、著書の中で、アメリカでトレチノイン治療を行ったとき、2ヶ月外出できなかったけれど、現在流通している化粧品の中でトレチノインを越えるものはない、と書かれていますが、同感です。
トレチノインを使用すると、副作用として、赤剥け(+それに伴うかゆみ・痛み)と角質の剥離(=垢がボロボロでます)が、2週間~数ヶ月、続きます。
質問者様のお肌の状態は、表皮が厚くなって、赤剥けになる一歩手前の状態です。
トレチノインの使用を止めたため、そのままの状態が継続してしまっていると思われます。
ごくごく普通の反応ですし、ネットに書かれているとおり、特に何もしなくても、使用を止めて、保湿とUVケア(←重要です)に気をつけていれば、自然に皮がボロボロと剥けてきて(垢が大量に出ると思います)、2~3ヶ月位で元のお肌に戻りますし、小じわに関して言えば、前より薄くなっていると思います。
ただ、小じわが薄くなっていると言うことは、表皮が薄くなっているということですので、UVケアは継続した方がいいですよ!
また、一時的な色素沈着が起こることも、本当によくあることです。
途中で使用をやめると、色素沈着(=しみ)がそのままお肌に残ってしまうことがあります。
色素沈着を直すために一番いい方法は、むしろ「きれいなお肌になるまで、トレチノインを使用し続けること」なのですが・・・
トレチノインに対して恐怖心を抱いてしまっていると思いますが、いかがされますか?
しっかりした先生のいらっしゃる美容皮膚科に行かれても、炎症(=痛みと腫れ)が治まってから、炎症が起きないような濃度でトレチノインの使用を継続するか、別の(刺激のある)美白剤を使用するか、というアドバイスしか頂けないと思います。
①徹底的に紫外線対策をする。
日焼け止めのクリームでは絶対だめです。日傘+帽子+サングラス+マスクで徹底的に紫外線をブロックしましょう。
②炎症(=腫れ・痛み)が完全に治まってから、薄い濃度でトレチノインの塗布を再開する。
0.025%の濃度だと、チューブから1mm位(1cmではありません)、搾り出した量が顔からデコルテに対する適量です。
顔全体に行き渡るようにたっぶりの水で薄めてから、朝晩、塗布します。それ以上の量を使用すると、赤剥けします。
目の周りに使用しても問題ありません。
濃度を高くするより、使用する期間を長くするのをお薦めします。
質問者さまの年齢やお肌のコンデションにもよりますが、半年~1年位でよくなります。
65才の母も、この方法で、角質の剥離はありましたが、赤剥けや色素沈着を起すことなく、顔のシミがほとんど消えて、小じわにも効果がありました。

アバター

質問した人からのコメント

2012/8/29 23:10:15

丁寧な御回答ありがとうございます。いまはしわの方が心配で、ひたすら保湿に気を配る日々です。御提案通り使い続けるのが一番の方法なのでしょうが、外仕事のため、紫外線を防ぎきる自信もなく、その上、最初の病院で「うちにくるより心療内科へ行った方がいい。」などと精神的にも傷付けられ、もうこりごりといった心境です。御親切にありがとうございました。これを励みに、少しでも元の顔に戻れるよう諦めずいこうと思います。

「トレチノインクリーム」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。