美容室のヘアカラーで、グレイカラー・リタッチカラー・アクアカラーとは、それぞれどう違うんですか?

ヘアケア56,481閲覧

ベストアンサー

10

10人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

アクアカラー。語源は知りませんが、本来は水彩画を意味するキーワードです。例えば油絵の具は、カバー力が優れており下色を隠してしまいます。 グレイカラー・リタッチカラーは、まさに下色(白髪)を隠します。 水彩画は、カバー力が乏しくて、重ねても下色が透けます。それが魅力であり独特の透明感が表現できます。つまりヘアカラー用語としての、メニュー表記で「アクアカラー」と区分してあれば、「うっすらと色を載せる系」のカラーリング剤を指すことが多いようです。つまりカラーリンス、ヘアマニキュア、一部の酸性(低アルカリ)カラー、へナ、草木染めなどが考えられます。