ここから本文です

新幹線の寿命は最新のものでも15年程度と言われてますが、0系新幹線は2008年まで活...

gia********さん

2012/8/2921:03:45

新幹線の寿命は最新のものでも15年程度と言われてますが、0系新幹線は2008年まで活躍してましたから相当長生きですか?

閲覧数:
310
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rei********さん

編集あり2012/8/2921:20:10

全然長生きではありません。
初期製造車は製造から12年目で廃車が始まっています。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nam********さん

2012/9/220:12:20

0系新幹線も寿命はバラバラで、開業当初の車両は13年ほどで廃車になったそうです。JR西日本が最後まで使用していた0系は昭和60年ごろの製造で、23年というとかなり長いほうで十分すぎるほど長生きです。

ちなみに、JR東海で最後まで使用していた0系も製造時期はほぼ同じですが、13~14年程度でお役御免となっています。

0系は今の車両のように編成単位で入れ替えず、車両ごとに入れ替えしていたので同じ編成でも製造時期は車両によってばらばらで、東海で最後まで残っていた16両編成は14両が2000番台(S56年以降の製造)で2両だけ1000番台(S51~55年ごろに製造)が混じっていたそうです。

新幹線電車の寿命は車両の使用状態でも変わりますし、所有している会社の財政状況でも変わります。同じ300系でもJR東海では中に17年もった編成もありましたが、早くて13年で廃車になっているのに対し、JR西日本の車両は18~19年もちました。

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2012/8/2922:47:52

昭和三十九年に誕生した0系の初期の車両は丁度13年を過ぎた辺りの昭和五十二年辺りから廃車が始まり、0系1000番台に置きかわります。ですから初期の車両はそんなに長生きでもないです。
一番長生きしたのは博多開業で昭和50年に増備した車両で寿命を迎える13年目辺りにJR化と重なり、JR西日本お得意の体質改善工事で寿命が延ばされた車両たちです。

tam********さん

編集あり2012/8/2921:58:39

それなりに長生きしたと言えるでしょう。
0系は製造開始から20年に渡り製造が続けられ、そして約45年間活躍を続けました。
製造終了からでも、約25年間活躍を続けたことになります。

最初の頃に製造された車両は十数年で置き換えられましたが、末期の車両は短編成化の上で山陽新幹線のこだま号に転用され、長きにわたり活躍しました。車両によっては、製造から約30年間活躍したものもあります。

連日の高速、長距離の走行で過酷な使用条件の高速鉄道車両としては、長生きしたと言えそうです。

k_l********さん

2012/8/2921:44:20

東京オリンピックから北京オリンピックまで同じ車輛が走り続けていた訳ではありません。バトンを渡しながらです。

ska********さん

2012/8/2921:12:12

はい

相当長生きだと思います

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる