ここから本文です

Fate/staynightのHFでのギルガメッシュ出番少なすぎませんか?

yonabaru632さん

2012/9/104:21:23

Fate/staynightのHFでのギルガメッシュ出番少なすぎませんか?

Zeroでは聖杯の泥を浴びてもこの世の全てなどとうの昔に背負っている!みたいな感じで平気だったのにHFでは何でアンリマユに取り込まれたんですか?
あっけなさ過ぎません?正直Zeroのアサシンよりもあっけなかったと思うんですが・・・

閲覧数:
20,742
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wordanxxxxさん

編集あり2012/9/110:36:54

ギルが取り込まれた理由は、zeroの泥がいわば本体から切り離された肉片(泥片)でしかなかったのに対し、HFでは本体と直結した、いわば本体そのものだったからです。

ただ、他のサーヴァントが汚染されて従わされていたのに対し、ギルは聖杯自身の力を使っても汚染させることが出来ず、それどころか聖杯に急いで消化しないと食い破られる、と怖れさせて即座に魔力変換され、それでもなかなか分解できないので「この世すべての悪」を腹痛で苦しめたと言われています。
聖杯の力ですら分解するのがやっとだった訳ですから、ギルの凄さは測り知れません。
あと、ギルの魂はサーヴァント3人分に相当したため、本来7体サーヴァントを吸収しないと満足しないはずの聖杯が、サーヴァント4体とギル1体で満足したとされています。これもギルの凄さを示すエピソードの一つで、さらにギルが吸収されたからライダーが生き残れたとも言えます。
ですから、あっけなく退場したとは言ってもまあまあ役には立っています。
それでもギルの実力だったら吸収されないで役に立つこともできたはずですが、まあそれが出来ないのがギルが慢心王と言われる由縁なので、仕方ないことなのです。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/9/221:49:03

濃度の違いと桜(聖杯)が危機感を覚えていたからですね。実際HFでほかのサーヴァントは泥にとりこむことで自らの下僕として操っていましたが、ギルは操っていません。
聖杯もギルに危機感を覚え、下僕にするのではなく一刻も早く吸収することを選んだようです。
聖杯にも操ることができないという意味で十分凄い英雄ですね

2012/9/215:27:07

FATEやUBWでラスボスだったのでHFではラスボスじゃなかっただけかと
あとアンリマユに飲まれたのではなく桜(聖杯)に飲まれたって表現のほうが正しいかと

feena_sinjiさん

2012/9/109:33:01

ギルは基本慢心していますからね。桜がどんな存在かは理解していましたが、ただの人間ですし、アンリマユについても以前自分がそれを浴びても余裕だったのでますます慢心して油断もしたんでしょうね。

ちなみにアンリマユを以前耐えきったギルが飲み込まれたのは、以前浴びた物が本体から溢れたモノだったのに対して、桜が飲み込んだ時には本体に繋がっていて以前に比べ量が桁違いだったためです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

poirot0202さん

2012/9/108:52:42

基本的にギルは「自分より下の敵」に対して本気を絶対に出しません。
(身も蓋もない言い方をすると、結果的に彼は基本的にほぼ本気を出さない)

本気を出さないからこそ、最強レベルのサーヴァントの割には
結構アッサリやられるわけです。

アンリマユに対しても、まずやられるとは思っていなかったところの
隙を突かれてアッサリダウン・・・という感じですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。