ここから本文です

「ゆとり教育」の可否を問う ゆとり世代vsアラフォー世代 「ゆとり世代」の人...

gas********さん

2012/9/718:39:15

「ゆとり教育」の可否を問う
ゆとり世代vsアラフォー世代

「ゆとり世代」の人たちのアラフォー世代を馬鹿にしたコメントをよく目にします。
人間的ポテンシャル・学力ともに相対的にアラフォー世代の上かと思いますが?

「ゆとり教育」vs「大競争教育」
ゆとり世代とアラフォー世代はどちらが優秀ですか?強いて言えばポスト団塊世代も比して?
①ゆとり世代…大学生~第2新卒世代(入社3年目くらい)
②アラフォー世代…団塊ジュニア世代(一般社員~中間管理職)
③ポスト団塊世代…55歳前後の現在の国・民間のリーダー~中間管理職
と定義します。

世代の特徴(一般化)…あくまで私見です。
①ゆとり世代
キーワードは「格差」。個人差が大きい。
保守的で不景気の日本しかしれない世代。現在の流行発信源、オピニオンリーダーであるが社会的貢献度は小さいし、今後も見込めそうにない。大学全入時代。国公立人気。公務員人気。(それなりの有効求人倍率はあるのに)社会とのアンマッチ過ぎによる就職難に見舞われる。何かと精神論で叩かれる。オリンピックや芸術面では大活躍。つまり「ゆとりの教育」の結果、お金をかけて勉強する人達は学力だけが上がり、その他は多方面の才能がある人は、才能を伸ばすことが出来た。「AKB」世代。

②アラフォー世代
キーワードは新人類。特徴がない。
とにかく人が多く多くの学校が作られやがて廃校した。小学校~大学まで大競争。現役偶然。一浪当然。二浪茫然。三浪愕然世代。私立人気(早慶が東大より上/日東駒専・大東亜帝国は60越=地方国立より上)。大学進学希望者のうち合格者2割(150万人→30万人)。専門学校でもAO入試、浪人入学多発。ちなみに私立志向が強かったため大学進学希望者のごく一部しかセンターを受験しない。就職でもバブル崩壊後初の氷河期。人生の半分を派遣などで棒に振る人も多い。経済的な地雷を踏みまくり、少子化に貢献(団塊→ベビーブーマー=未婚)。イチロー、貴乃花、木村拓哉と突出した能力を発揮する人いる。「乙女塾」世代(おにゃん子とモー娘。に挟まれパッとしなかった)

③ポスト団塊世代
キーワードは他人任せ。考えない。
代表選手は、野田総理。原監督。たのきん。生まれた時から、右肩上がりの経済成長を続ける3種の神器、3Cなど物質的豊さを享受した。今の社会構造を作りだし、長らく流行発信源のオピニオンリーダー。大学時代は、バイトに明け暮れ、可処分所得も多く、一番の購買層であった。進学も就職もそこそこ努力が反映される。社会に出て一番いい時にバブルを謳歌した。仕事の基本姿勢は顔色窺いと丸投げ。今の中国に似ている世代。新生アイドル(聖子ちゃん)世代

閲覧数:
1,654
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mit********さん

2012/9/911:49:50

ゆとり教育という言葉を作り出したその人物自身が失敗と断言しているくらいですから。


と私は聞いています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

san********さん

2012/9/1117:43:01

ゆとり世代においては相対的な判断は難しいように思います。
むしろゆとり世代は、「優秀な人間はどの世代よりも優秀」であり、「ダメな人間はどの世代よりもダメ」であるといった印象を持っています。
アラフォー世代は、ゆとり世代の優秀な人間と比較してしまうと負けるが、それ以外のゆとり世代の層であれば、誰と比較しても優秀、という印象です。
ポスト団塊世代はよくわかりませんが、その中間といったところでしょうか?

まとめとして、優秀な人間だけの比較では、ゆとり世代>ポスト団塊世代>アラフォー世代、ダメな(またはそれ以外の)人間の比較では、アラフォー世代>ポスト団塊世代>ゆとり世代、といったところでしょうか?

あくまで私の勝手な私見ですが・・・。

chi********さん

2012/9/822:26:14

ゆとり教育はよくないね。
もっともそれに気付いて中学の頃から猛勉強したんで
競争を勝ち抜くのは楽だった。
受験戦争と言われた時代だったら、どこまでいけたんだろうと思います。

cam********さん

2012/9/722:37:31

比べようがないというのが実のところあります。

世界の学力テストにおいても、バブル頃は参加国が今より少なく、今頭がいいといわれる国が参加していなかった。学力の低い学力に力を注いでいない相手に学力的に力を注いでいる先進国の日本がどや顔で一番だ一番だといっていた。

今でいうモンドセレクションのようなものです。

比べるには同じ条件下ではなくてはなりません。

時代背景、世界との関わり、流行、学習内容かつその学習内容の定着率とそれを自慢材料でなくどれだけ現実社会に利用しているか、など


世代や役職によりやるべき使命は変わります。役に立つか立たないか、仕事のベテラン管理職50代が新人三日目の人間が役たたずか否かを決めるのは基準が違いすぎます。


そして、木村拓哉やイチローが優秀でもその世代が優秀であるという根拠は残念ながら全くありません。

emp********さん

編集あり2012/9/718:59:21

何をもって上というかという基準が問題でしょうね。

おそらく、若い人達は年寄りをバカだと思ってバカにしているし、年寄りは若い人達をバカだと思ってバカにしている。

それはなぜか。

価値観の変化でしょうね。

重要とされる情報や価値観が変化したから、年寄りの価値観からすれば若い人達はバカであり、若い人達の価値観からすれば年寄りはバカである。

例えば・・・

若い人達は価値観の多様性を重要視する。

年寄りは伝統的な価値観を重要視する。

若い人達からみれば、年寄りは頑固なバカ。

年寄りからみれば、若い人達は礼儀知らずのバカ。

どっちからみてもバカなんですよ。

価値観が違うから仕方がない。

価値観について、普遍的な基準は作れません。どういう観点からみるかが重要です。

どういう観点からみるかを決めないと上か下かは決めれない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる