ここから本文です

ショートショートのアンソロジーを探しています。 ショートショートの広場のよう...

アバター

ID非公開さん

2012/9/923:36:25

ショートショートのアンソロジーを探しています。
ショートショートの広場のような、10ページ程度の短編集(いわゆるショートショート)を探しています。
日本人作家でお願いします。

閲覧数:
518
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

メイさん

2012/9/1008:36:20

●超短編アンソロジー (ちくま文庫)
数文字から数百文字のミクロの物語、超短編とは、小説、詩、エッセイ、寓話…ジャンルの境界を漂いながら「短さ」によって生命を与えられた作品群の呼び名だ。古典と現代をつなぐ時の線上に超短編をとらえ、ホメロス、キャロル、カフカ、宇野千代、稲垣足穂、村上春樹、安部公房、川上弘美、筒井康隆などの作品95編を集めた。

●ミステリー傑作選・特別編〈5〉自選ショート・ミステリー (講談社文庫)
赤川次郎から皆川博子まで、現代日本を代表する33名の作家が、自ら選んだマイ・ベスト・ショート・ショート。本格推理から幻想譚、恋愛ミステリーにホラー等々、どこから読んでも面白い、何度読んでも愉しめる、絶対お得な超豪華アンソロジー。

●10分間ミステリー (宝島社文庫)
「バチスタ」シリーズ海堂尊や『さよならドビュッシー』中山七里、「オサキ」シリーズ高橋由太など『このミステリーがすごい!』大賞作家が(ほぼ)勢ぞろい。原稿用紙10枚(4000字)、1作品10分間で読めるショート・ミステリー。さまざまな舞台設定と、ユーモアタッチの作品から本格派、ホラー、戦記ものまでバラエティに富んだ全29作品が詰まったミステリー短編集。

●ほかには、星さんの「ショートショートの広場」に似た、阿刀田高さん編の「ショートショートの花束」シリーズが講談社文庫より何冊か出ています。こちらも投稿されたものから選ばれたアンソロジーです。

●怪談・ホラーでもよければ、「てのひら怪談」シリーズがポプラ文庫より数冊出ています。公募のショートストーリーです。

内容説明はアマゾンより引用しました。

アバター

質問した人からのコメント

2012/9/16 17:23:41

たくさんのご紹介ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gre********さん

編集あり2012/9/1001:11:17

井上雅彦編集『異形コレクション』シリーズの『ひとにぎりの異形』と『物語のルミナリエ』はどうでしょうか。

『ひとにぎりの異形』
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4334743552/ref=mp_s_a_1?pi=SL64&qid...

『物語のルミナリエ』
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4334763448

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる