ここから本文です

牛乳の殺菌方法について、疑問があります・・・ HTLT法とHTST法の温度の...

ten********さん

2012/9/1321:24:35

牛乳の殺菌方法について、疑問があります・・・
HTLT法とHTST法の温度の違いとその理由について
お答え願います。

HTLT法は75℃以上で15分以上とあります。
HTST法は72℃以上で15秒以上とあります。

HTST法のほうがHTLT法に比べ、温度が低いのに
殺菌時間は15秒と短い理由が分かりません。

お手数ですが、教えて下さい。OTL

閲覧数:
1,595
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

錦水仙さん

2012/9/1622:30:50

流動式のHTST法では、牛乳は加熱された狭い管を流れながら殺菌されるので、所定の温度まで瞬時に加温されますし、温度の維持される時間も厳密にコントロールすることが可能です。

一方保持式のHTLT法では、牛乳は一旦加熱タンクに貯められてから殺菌されるので、温度が上昇するには時間がかかりますし、たとえ攪拌しても牛乳の加熱むらが生じます。

したがって、HTLT法ではタンク内のすべての牛乳が十分加熱されていることを保証するため、長めの加熱時間が必要なのです。

質問した人からのコメント

2012/9/18 20:22:36

ありがとうございます。
大変、納得のいく答えでした。

ありがとうございました。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる