ここから本文です

民法 登記名義人に対して建物収去請求

kou********さん

2012/9/1511:49:05

民法
登記名義人に対して建物収去請求

基本書に「建物所有権が既に移転していると主張する者と土地所有者との関係は、建物の譲渡による所有権の喪失という物権の喪失という物権の変動を否定してその帰属を争うという点で、対抗関係に似た関係といえる」と書いてあったのですが意味がわかりません。これはどういう意味なのでしょうか?

閲覧数:
153
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac18617さん

2012/9/1512:20:13

建物所有権が既に移転していると主張する者と土地所有者との関係は、

建物所有権が実体上で既に移転していて自分には既に建物所有権がないと主張している者と、土地所有者との関係は

建物の譲渡による所有権の喪失という物権の喪失という物権の変動を否定してその帰属を争うという点で、

建物を譲渡したので所有権が喪失しているという実体上の物権変動を否定して、移転登記をしていないんだからいまだに建物所有権があるではないかと帰属を争うという点で、

対抗関係に似た関係といえる

建物を取得したので所有権を取得しているという実体上の物権変動を否定して、移転登記をしていないんだからいまだに建物所有権がないのでなないかと帰属を争うのと似た関係といえる

という意味です。

これでなお分からないようであれば補足してください。

質問した人からのコメント

2012/9/15 12:28:07

ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる