ここから本文です

アカモク(ぎばさ)

アバター

ID非公開さん

2012/9/2322:32:29

アカモク(ぎばさ)

今日、バイキングで初めて『ぎばさ』と言うものをみました。
「なんだろ…???」と思いつつ、食べ方がわからずスルーしていたら、中国人の団体がやってきて、一部の人が
「ぎばさ」「温泉玉子」「わかめサラダ」に醤油、または温泉玉子のだしを入れていた(+梅干を入れている人もいた)のですが、この食べ方は中国ではポピュラーなのでしょうか?

◆ウィキペディアより抜粋◆
アカモク(学名:Sargassum horneri)は、褐藻綱ヒバマタ目ホンダワラ科に属する海藻。北海道から鹿児島県まで日本各地の沿岸に分布。栄養塩に富む浅海が生育に適していて、生命力がとても強く、長くなると7mぐらいにまで成長する。


秋田県地域では「ギバサ」、山形県では「ギンバソウ」、山陰地方では「神馬草」、新潟県では「ナガモ」と呼ばれる。

湯通して刻むと非常に粘り気が生じ、酢味噌か酢醤油あるいはたまり醤油に七味唐辛子を微量加えてかき混ぜると美味である。吸い物に入れるときは何も加えない方がおいしい。また、雑炊に入れると適度な粘りとシャキっとした食感が出てよろしい。オリーブオイルやゴマ油との相性も良く、和洋中の調理レシピが広がってきている。真ん中に一本長い茎が通っているが、それは固いので、調理する前に、その茎を上部から下に指でしごくようにすると、節から葉を含む小さな茎がとれるので、これを利用するといい。モズクやメカブ同様、ポリフェノールやフコイダン、フコキサンチン、各種のミネラルを豊富に含み、健康に良い食品として注目をあびている。郷土食として秋田県、山形県、新潟県、岩手県、宮城県、京都府、福岡県などで好まれて食用されている。

閲覧数:
3,788
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kot********さん

2012/9/2612:28:12

私も好きで秋田に行った際はよく食べてますが、ポン酢か酢醤油で食べてますね。あと、よそった味噌汁にいれたりとか。

ちなみに宮城(太平洋側)では、食べてないですよ。昔の人はどうか分かりませんが、聞いたことないです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「アカモク」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

せっかくの機会が台無しです

みんなのアンテナ

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる