ここから本文です

法学 参考書について

ike********さん

2012/10/301:17:07

法学 参考書について

法学部の大学2年です。
普段の授業で使う教科書がわかりにくいので、何か参考書を買おうと思っています。
そこで、有名どころで伊藤真塾の試験対策講座(通称シケタイ)と、LECのCBOOKがいいかなと思っています。

両者の特色、長所などありましたら教えてください。よろしくお願いします。

ちなみに購入を検討しているのは債権各論、商法、刑事訴訟法です。
司法試験を受ける予定はないので、初学者向けのわかりやすいものがいいなと思っております。

閲覧数:
477
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eve********さん

2012/10/312:24:45

自分はシケタイの方をおススメします。

好みの問題なので、
立ち読みしてから気に入った方を入手するのが一番だと思います。

以下、自分が思う両者のメリット・デメリットを挙げてみようと思います。
参考程度にどうぞです<m(__)m>

まず
シケタイの方が値段が高かったと記憶しております。
うろ覚えですが、
一冊当たり1000円近く違ったような……
どちらでもいいやと思われたなら、安い方のC-BOOKがいいかもしれませんね。

書いてある
内容的にはさほど変わらないと思います。
強いて言うなら
シケタイの方が若干丁寧で記述が長い・多い感じで
C-BOOKの方がさっぱりといった感じでしょうか。
これはメリットでもあり、デメリットでもある感じですね。
C-BOOKの方がはやく読める気がしますので、それは利点ですが
シケタイの方が記述が長い分わかりやすいかもしれません。
ただ
結局わかりやすいかどうかは質問者様と文章の相性次第ですから、確定的なことは言えません。
自分の周りにもC-BOOKの方がわかりやすいとおっしゃる方もいましたし。
ただ
結局書いてある内容は同じようなことなんですよね。
読み終われば行きついている先はほぼ同じでだと思います。
内容的にどちらかの方が優れている、なんていう方もいらっしゃいますが
まあ、所詮好みの問題でしょ、と言ってしまえる程度に自分は感じていました。

両者は
ページを開いた瞬間の見た目が結構違うと思います。
中には
その見た目でいずれかに抵抗を感じる方もいらっしゃるようです。
パッと見て色使い・レイアウト(構造はさほど変わらないはずなんですけどね、印象がなぜか違います)はどちらが良いか
比べてみるのもいいかと思います。

何気に
自分がシケタイの方を進める一番の理由は
C-BOOKの方は紙が薄くペラペラな気がします(自分が見たことのある版についてですが)。
書き込みしたら、ものによっては裏にすけちゃいそうで……
蛍光ペンとかは
使っちゃうとかなりきつそうな印象を持ちました。
(まあ、自分は蛍光ペンとか使わないんですけど……)
内容には全く関係ない話ですね。

参考になるような情報がありましたら幸いです。

ではでは
勉強頑張ってください(*^-')b

質問した人からのコメント

2012/10/5 18:41:30

すごく参考になりました!ありがとうございます!
ちなみにC-Bookの方が、大学生協にあったもののうち一冊だけ厚く、ほかが薄かったので、もしかすると薄く変わったのかもしれないですね。
もし厚いのが残って入ればC-Bookを買ってみようと思います!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる