郵便局・ゆうちょ・銀行 貯金・預金の限度額について 知り合いの郵便局員が、ゆうちょには1000万円以上は貯金できないと言ってました。 それはなぜですか?

郵便局・ゆうちょ・銀行 貯金・預金の限度額について 知り合いの郵便局員が、ゆうちょには1000万円以上は貯金できないと言ってました。 それはなぜですか? 訳あってその人には聞けないので教えてほしいです。 例えば地震に遭った時などに1000万円までしか保障できないという事でしょうか? ゆうちょで同名義で二口座持っている場合、それぞれ1000万円までなのか、それとも併せて1000万円までなのかも知りたいです。 あと銀行にもそういった限度額はありますか? 1000万円を超える場合は別銀行の口座に分けて預金した方がいいですか? 無知なため宜しくお願い致します。

貯金6,086閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

>1000万円以上は貯金できないと言ってました。 それはなぜですか? ゆうちょの方が資本面で政府の保護があり優遇されている。全国規模で出し入れ自由送金無料など、銀行に比べて有利なので民間経営の銀行を圧迫しないように預け入れ額に制限があるのです。 >1000万円までしか保障できないという事でしょうか? 預け入れ額に制限があるのと理由は異なりますが、保障は1000万までです。 >ゆうちょで同名義で二口座持っている場合、それぞれ1000万円までなのか、それとも併せて1000万円までなのかも知りたいです。 そうです。普通預金、定額定期預金全部で1000万まで。 >あと銀行にもそういった限度額はありますか? ありません。高額貯金は金利を優遇されたりします。3億円当たったら銀行はとりあえず全額うちに貯金していただけませんかと言うはずです。よそにあと1000万あると聞けば、ぜひまとめてうちに預けてくださいといいます。

その他の回答(3件)

0

限度額があるのは郵政民営化法第107条に定められているためです。 これは、もともと国営の機関だったため、民間金融機関の反発を受けないようにするためです。 民営化されたとはいえ、株式は政府が持ってますので政府保証があるようなものなのです。 ここで言う保証は、経営が破たんした時の補償であって 質問にある災害にあった時の補償ではありません。 限度額が1人当たり1000万円なので、何口座持とうが合計1000万円までですが、 一時期、管理がされていない時期があり、そのころに開設された口座は1000万円預けられてしまいますが、 名寄せ作業が完了すると1人1000万円までなり、これを超えた分は強制的に国債を買わされるようです。 民間金融機関での1000万円の壁はあります。 ゆうちょ銀行とは意味が違いまして、こちらは預けようと思えばいくらでも預けられます。 しかも、ゆうちょ銀行みたいに利子が付くのは1000万円までという制限もありません。 実は破たんした時の補償される額が1000万円とその利子なのです。 破たんの心配がなければ1000万円以上預けても問題ありません。 万一、破たんした時に補償される額が1000万円とその利子なのです。 心配であるなら、1000万円を超えないように分けておいてください。

0

国内の金融機関では もし 破綻した場合は 1000万円と利息分は保証します。ということです。 ただ 無利息でいいなら 郵貯銀行を含めて 多分 上限はないです。 億・兆・京の単位まで いけるかも・・・。 もし 6銀行に貯金していて 別名の銀行なら全額 保証 されます。 系列銀行は 駄目です。

0

なにかあった時に、1000万円しか保証出来ないという意味です。通帳1冊につき1000万円ではなく、全部で1000万円 私は郵便局が大嫌いですし、↑に納得出来ないので他行の定期にしてます