家の外壁塗装について教えて下さい。 塗料はセラミシリコンとシリコンセラUV、どちらの方がいいのですか? ちなみにシリコンセラUVの方がm2当たり少し高いです。

家の外壁塗装について教えて下さい。 塗料はセラミシリコンとシリコンセラUV、どちらの方がいいのですか? ちなみにシリコンセラUVの方がm2当たり少し高いです。

DIY1,657閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

**水性シリコンセラUV::: http://www.nipponpaint.co.jp/biz1/building/products/prd_85.html 日本ペイントの1液性反応硬化形セラミック変性シリコン塗料 「シリコン伝説」の代表商品、住宅外壁の塗り替え用塗料。 窯業サイディングボードを用いた住宅外壁の塗り替えに最適です。 高耐久・低汚染・防かび・防藻・透湿・微弾性。 高い耐久性です。 オール水性です。 上塗りは耐候性/耐汚染性に優れています。 シーラーは抜群の密着性です。 サーフェーサーは耐シーリング汚染性と目止め効果に優れています。 つや調整が可能です。 作業性が良く、仕上がりに優れています。 **水性セラミシリコン::: http://www.sk-kaken.co.jp/products/data/c_si.htm エスケー化研株式会社の超耐久低汚染型一液水性セラミックシリコン樹脂塗料 超耐久性 シロキサン結合を持つ架橋塗膜は、紫外線、湿気などのポリマー劣化要因に対し、優れた抵抗性を示し、建物を長期に亘り保護します。 優れた低汚染性 緻密な架橋塗膜は、大気中の粉塵や排気ガスを寄せ付けず、優れた低汚染性を発揮します。 防かび・防藻性 特殊設計により、長期に亘ってかびや藻類などの微生物汚染を防ぎ、衛生的な環境を維持できます。 安全設計 水性であるため、溶剤中毒や火災の心配もなく、作業環境の向上に役立ちます。 資産価値の向上 従来のアクリル樹脂系塗料や、ポリウレタン樹脂系塗料に比べて耐久性が高いため、長期メンテナンスサイクルを含めたライフサイクルコストが低く、資産価値の向上と大きなコストメリットを生みます。 **両社の塗料材としては、殆ど、差は無いかと思いますが。 あえていいますと、シリコンセラUVが、1液性反応硬化形セラミック変性シリコン塗料。・微弾性。 セラミシリコンが、一液水性セラミックシリコン樹脂塗料。 ですので、個人的意見になりますが、シリコンセラUVがよろしいかと思いますが。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変分かりやすく説明して頂きありがとうございました。 大変参考になりました。

お礼日時:2012/10/12 16:46