ここから本文です

メディケア生命「メディフィットエース」と、NKSJひまわり生命「健康のお守り」で...

patapon_cottonさん

2012/10/1319:10:04

メディケア生命「メディフィットエース」と、NKSJひまわり生命「健康のお守り」で迷っています。

悩んでいるのは、両社の、「外来でももらえるがん特約」についてです。

メディフィットエースの「抗がん剤(腫瘍用薬)治療特約」と、健康のお守りの「がん外来治療給付特約」は、どちらの方が役に立つのか・・・

がんの三大療法は①手術、②放射線、③抗がん剤と聞きますが、

健康のお守りの「がん外来治療給付特約」は①手術、②放射線、③化学療法(抗がん剤)の全部をカバーしているから、こちらの方が良いのでしょうか?

メディフィットエースの特約は、どうして抗がん剤(それも腫瘍用薬のみ)しかカバーしてないのか不思議です。
「手術や放射線は、実際には外来でやるケースなんかほとんどないから、『外来でももらえるがん特約』の対象にしていない」ということでしょうか?

医療保険に詳しい方、ご教授お願いいたします。

閲覧数:
7,195
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

noraneko3131さん

2012/10/1401:31:42

まず、②の放射線治療について、ひまわりが50グレイ以上の照射があれば手術保険金として受け取れるのに対し、メディケア生命はグレイの基準はなく、受け取りできるのでメディケアのほうが手厚いです。(金額は同額)

・ひまわり 50グレイ以上で対象
・メディケア グレイの基準無く対象

通院特約は「がんの通院」を保障する特約で、抗がん剤特約は「抗がん剤治療(腫瘍用薬のみ)」ですので違う特約です。
それはわかってるよ・・って思われたかもしれませんが、こう説明する以外に思いつきませんでした。

・女性の方なら乳がんの治療を受けた場合、ホルモン治療をかなりの日数受けることになります。この場合は抗がん剤特約よりも通院特約のほうが毎回受け取り出来るので安心でしょうね(抗がん剤特約は抗がん剤の治療が無ければ給付なし)
・逆に、抗がん剤特約ならば入院中に抗がん剤治療を受けたとしても保険金がもらえます(通院特約なら給付なし)、また、抗がん剤特約は他に、アフラックや東京海上あんしん生命にもありますがホルモン剤も含めた抗がん剤特約になっており、しかも実費を給付してくれます。
ただし・・、手厚いのと引き換えに更新タイプとなっているので10年後保険料が上がります。メディケアはホルモン剤を除外し、給付を一定額にしてことにより保険料を一生涯変わらないタイプにすることができています。

何気にでかいのは、メディケアががん入院が無制限であることです。
白血病・・統計上はリスクが大きいがんではありませんが、平均入院日数は100日以上(場合によっては1年以上)の超長期入院することがあるそうです。
次点では肺がんですが、これは数十日みたいですね。

質問した人からのコメント

2012/10/14 22:04:16

感謝 noraneko3131さん、丁寧に説明してくださって有難うございます!確認してみたら、おっしゃるとおりメディケアも、外来の放射線治療、支払対象でした。両社とも一長一短ですよね。もう少し研究してみます・・

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yuya1411さん

2012/10/1422:04:12

まずご質問の件。
回答になっておりませんが、、、
各社の保険金の項目の設定理由は考えても詮無きこと。
がん通院全般なのか、抗がん剤に特化しているのか、、、保険料よりも補償重視であれば「東京海上日動あんしん生命」が良いと思います。

注意すべきはメディケアは保険料更新型なので10年毎に高くなっていきます。保険料が上がるタイプは終身型(保険料が上がらないタイプ)の上乗せとお考えください。
終身型のがん保険に1本加入に「セコム損保」のメディコム(治療実費をお支払)の組み合わせなんていかがでしょうか?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。