ここから本文です

肺腺癌の末期症状について。 はじめまして。現在62歳の義父が昨年の3月に肺腺癌の...

nat********さん

2012/10/1901:15:13

肺腺癌の末期症状について。
はじめまして。現在62歳の義父が昨年の3月に肺腺癌のステージ4と診断され、現在まで抗癌剤での治療を行っております。
使用してきた抗癌剤は、
アバスチン・カル

ボプラチン・アリムタを6クール
アバスチン単独を3クール
タキソテール単独を3クール
現在TS-1を期限なく通院にてという状況です。
義父の容態はと言うと、最近になって
呼吸困難・食欲不信・歩行困難が目立ち始め、昨日医師より新たに頭部に二つの転移と、肺の片側の管が9割以上潰れてしまっている項を説明されました。
今後の治療については
・頭部の腫瘍に放射線治療を行うか
・抗癌剤治療を続けて行くか
・治療をやめるか
の判断を迫られており、
医師曰く、肺が半分以下の機能となっていく中で放射線治療も抗癌剤治療も副作用を考えると本人にはすごくハイリスクである事。を同時に告げられました。
また、何もしなければ3ヶ月もたないという事も。。

そこで相談なのですが、
このような経験をされた方はどのような判断を行いましたか?

もちろん最終的には本人の意見を尊重すべきだと思いますが、
やはり私達家族は治療への道を考えてしまいます。

それは本人にとって酷な事でしょうか。。


放射線治療は今まで行えなかったのですが、副作用など含めかなり辛い治療なのでしょうか…


また、何も治療をしなかった場合、
どのように容態が変化していくのですか?…
義父は上記のような状態でも、
まだ意識はしっかりしていて、歩行もゆっくりですが出来ます。食事も量は減りましたが自分で取れます。

急激に変化してしまうのか…
正直、このような経験がない為恥ずかしながら怖さもあり。。

表現が難しく、単純な質問になってしまい申し訳ありません。

ただ、同じような経験、立場の方。
このような事に関して知識がある方など、お話が聞きたく相談させて頂きました。

ステージ4宣告から一年半が経ち、
義父も全てを受け入れ今まで頑張ってきました。
このような選択を迫られた今も、
覚悟は出来てる。ただ、苦しみたくはねーなぁと笑って話します。

そんな義父を家族皆尊敬し、一日でも長くと考えてしまいます。

私達家族が出来る事、心構え等、どのようなお話でも構いません。

よければ聞かせて下さい。

閲覧数:
26,547
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mou********さん

2012/10/2521:37:28

http://www.ne.jp/asahi/aquarius/messenger/books_004.htm

これ読むといいです。考え方が前向きに変わりました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「肺腺癌 ステージ4」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cha********さん

編集あり2012/10/1914:03:28

私の体験談を読み将来に対してつらく逆に不安な思いをさせてしまうかもしれませんがご容赦下さい

私の父は五年前の冬、末期の食道ガンで余命2ヶ月と診断され、6ヶ月の勇敢なる闘病の末64歳で亡くなりました
検査した時には色々な臓器に転移していて…時すでに…もっと早くに引っ張ってでも病院に連れて行けばと未だに悔やんでも悔やみ切れません
ですので痛み止めと強い抗癌剤のみの治療しか選択の余地はありませんでした。
父の場合ですが日に日に緩やかにただ確実に命の灯火が小さくなっていくのがわかりました(個人差はあると思いますが)食事も取れず、起き上がる事すら出来ず、昏睡状態になりました、痛みに耐えきれなかったのか父の涙その時始めてみました
一時帰宅時お風呂にいれましたが、自分が一緒に入っていた子供の時と違い小さくなった背中を流したときは涙が止まらなかったです。誤魔化そうとはしましたが嗚咽がこぼれそうになりました
さしたる治療法もなく家族に出来る事は一緒にいる時間を増やし手をつなぎ顔を見て思い出を増やすことだけでした、最後は私の人生で一番一緒にいる時間がながい2週間でした
悲しくも最後の痛み止めであるモルヒネの判断をしたのは母でした。その2日後に静かに息を引き取りました、家族3人に看取られながら…
臨終時の病室での事、今でも夢に見ます
酷なことを言うようですが近い内にとの覚悟必要です、その時に出来るだけ後悔はしないよう少しでも長く一緒にいる事、出来れば臨終時を見届ける事、死を見つめる心構えも必要です
生あるものとして直視する事は避けたいのは事実です。
でもいずれ来る別れに避けるのはとても寂しいと思います。
私の場合は世話になり一番心配させた今までの恩をとの思いでした。間違いもあった、後悔してることも多いです。
経験談ですが正しかったかどうかはわかりません。今でもああしてればこうしてればと思うことがありますが父に顔向けできる人生を送ろうと思っています。
余命宣告後父に嘘を付き直るからまた遊びに行こうと言ったのはどうだかな、と今でも思います

あの時の思いと意見とがぐちゃぐちゃでまとまりなく変な文章ですが参考になればと思います
最後に、他人ではありますがあなた様の義父のお見舞いを申し上げると共にあなた様と家族の皆様の心労と心中お察し申し上げます。
駄文長文失礼

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる