ここから本文です

1級建築施工管理技士 実地試験 合格ライン 合格配点基準割合(門1、門2~門6)は、だ...

checkbsm11111さん

2012/10/2523:44:51

1級建築施工管理技士 実地試験 合格ライン
合格配点基準割合(門1、門2~門6)は、だいたいどのぐらいだと、
思えばいいので しょうか。
色々な人の、意見を聞いて見たいので、宜しくお願いします。
合格経験談など・・

補足aki51005100さん

大変貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございます。感謝 感謝。。

閲覧数:
20,665
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aki51005100さん

2012/10/2619:16:56

建築施工管理技士の実地試験は相対試験です。
つまり学科の合格率×実地の合格率=16%前後。
最終合格率はほぼ16%に固定されています。
ですから実地の合格基準点は毎年変動するか、問1で配点を調整するかしていると推測します。

あくまで私見ですが問1は40%の配点で問2~問6が60%くらいだと思います。
なぜなら数年前に受験し、問2~問6の自己採点が50%くらいの正解率で合格したので問1の配点は少なくても40%はあると思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。