ここから本文です

脳原発性悪性リンパ腫からの奇跡の復活 本当におめでとうございます。質問ですが、...

pur********さん

2012/10/2710:01:15

脳原発性悪性リンパ腫からの奇跡の復活 本当におめでとうございます。質問ですが、メトトレキサートとシタラビンの治療は何クールされたのですか?あと放射線治療は何グレイで何回されたのでしょうか?

閲覧数:
5,288
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/10/2810:21:06

ありがとうございます。
今はとっても元気に過ごしております。

わたしの受けた治療に関して報告します。

12月24日 脳の手術を受けました。
開頭腫瘍摘出術
頭蓋骨を切り開いて、腫瘍の一部を摘出する手術です。
腫瘍の全量切り取ることは、できないという説明でした。

以降、抗がん剤の治療が始まりました。
初回に、骨髄へ直接注射で注入したのは、
大量MTX(メソトリキセート)

その直後、
リツキシマブ(メソトレキセート、リツキサン)の点滴を受けました。
それから3週間の間に、
リツキシマブ点滴計4回の投与を受けたと記憶しております。
リツキシマブの点滴のちょうど3‐4日後の時点で、別の点滴を計4回受けました。
病院からいただいた資料によると、
〇アルビミン製剤
〇免疫グロブリン製剤
〇アンチトロンビンⅢ製剤
〇その他(リツキシマブ)
混合した物のようです。

使用の必要性として
〇血漿膠質浸透圧の維持
〇低蛋白血症の改善
〇免疫グロブリン改善
〇その他(悪性リンパ腫の治療)
と記載があります。

それ以外の時間も、ずっと点滴をつけたままの状態でした。
たぶん、投与した薬剤の副作用を抑えるための利尿剤だと思います。

病院からいただいた資料を見返してみましたが、
シタラビンという記載は見当たりませんでした。

先生から説明を受けた内容として、
健康保険適用の治療しか受けていない。
健康保険適用の範囲でできる最大量の投与を行う。
という話がありました。

放射線治療ですが、
1ヶ月間、月~金曜日 毎日治療に通いました。
なので、計20回になると思います。
放射線を浴びる時間は10分ほどでした。
何グレイ?という質問ですが、
説明を受けているとは思いますが、残っている資料には見当たりませんでした。
これ以上の脳への放射線治療を行うと、若年性痴呆症の発生のリスクが高まるというギリギリの数量・回数だと説明を受けた記憶があります。

ちなみに、これらの治療後に、全身への抗がん剤(キロサイド)の治療を勧められました。
脳以外の場所へ転移している可能性があるから、
それらの発生を抑えるため。

秋の段階では、すでに元気になっていたし、
療養期間を自宅でゆっくり過ごしたかったし、
再発したときに使おうということで、
秋以降の、全身への抗がん剤の治療をしませんでした。

質問した人からのコメント

2012/10/28 11:39:20

早々の回答ありがとうございます。
主人も同じ病気と闘っており、現在の標準治療メトトレキサート(一日目)とシタラビン【キロサイド】(二日目、三日目)を1クールで三週間間隔で計4回の抗がん剤治療とその後放射線治療を月~金曜日 計15回の予定しています。
私の家族も四人の子供と末えっ子に長女がいてこの知恵ノートを見たときは驚きと嬉しさと親しみと希望が見えた気がしました。
ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる