ここから本文です

映像で「写真を撮る」シーンでは,「シャッターが閉じる」で撮影を表しています。 ...

royal_uni_teaさん

2006/10/1503:51:12

映像で「写真を撮る」シーンでは,「シャッターが閉じる」で撮影を表しています。
しかし,実際には「シャッターが開いて」フィルムに記録されるわけですし,ファインダーをのぞいていてもシャッターボタンを押した瞬間シャッターが閉じてしまうものを見たことがありません。

その,「映像での写真を撮るシーン」と同じようなことというのは,今では一般的ではなくてもあるのでしょうか,それともあくまで「シャッターが閉じて撮影」は「記号的」なものなのでしょうか。

閲覧数:
1,141
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

belivabさん

2006/10/1516:16:30

シャッターが閉じて撮影じゃなく、撮影の瞬間に絞りが閉まるので閉じたように見えるのでしょう。

シャッターにはレンズシャッターとフォーカルプレーンシャッターがあります
レンズシャッターはコンパクトカメラなどに使われる物でシャッターを押した瞬間だけレンズの中のシャッターが開き光を取り込みます
貴方がおっしゃってるのはこちらの事でしょう。

フォーカルプレーンシャッターはレンズ内じゃなくフィルムの前に幕を使ったシャッターが有ります、1眼レフなどに使われる物です、
このカメラの場合撮影前段階では絞りは開放状態でピンと合わせや構図決めをします
シャッターを押した瞬間にシャッター幕が開くのと一緒に絞りが絞られ、レンズシャッターのシャッターが閉じた様な感じに見えます

カメラの裏蓋を空けた状態で絞り込んでシャッターを押してやればこの動きは見えますよ。

質問した人からのコメント

2006/10/16 22:27:18

なるほど,説明されて納得いきました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

marubooroxさん

編集あり2006/10/1521:35:09

私も絞りが絞り込まれる説ですね。
「シャッター」が閉じているのではなく、撮影前に解放されていた「絞り」が
シャッターを切る直前に設定値まで絞り込まれて露光後に元に戻るのです。
レンズシャッターにしろ、解放測光を行なわないフォーカルプレーンシャッター機にしろ
あなたのイメージのほうがむしろ古いカメラのイメージですね。
(レンズシャッターに関しては今でも中判以上の大型カメラには使われていますので必ずしも古いとは言えませんけどね)

standuckerさん

2006/10/1519:54:18

確かに映画のワンシーンではシャッターが閉じるような表現で、写真を
撮ることを表現していますが、これを絞りの羽根と考えると不自然では
ありません。
レンズシャッターでは羽根が開いて光を取り込みますが、絞りの羽根は
絞り込んでいたら(完全ではないですが)閉じます。

ですので、記号的なものではないかと推測されます。
レンズシャッター機は一般的ではないですし。

rera_sanさん

2006/10/1516:48:08

心理的な話をすれば、幕が下りたりレンズの絞りが締まっていく表現というのは、
その瞬間の映像がカットされて残るような感覚を連想させて、撮影したと感じる
のではないでしょうか。

映像作品における演出というのは、誤解を覚悟して書けば「ウソ」でもいいのです。
人がそれを見て、何かしらを連想させられればそれでいいのです。

たとえば現実の動きに対して忠実に、一瞬映像が現れて消えるようなものを
出したとして、それがシャッターボタンを押して撮影したイメージを
多くの人が理解できるでしょうか?できませんよね。

編集あり2006/10/1509:54:23

一眼レフにおいて、現在ではクイック・リターン(ミラー)が常識になっていますが、これは現在の旭光学が

開発した技術で、これ以前の一眼レフカメラは撮影後のファインダーは真っ暗なままでした。

大体映像での表現では、レンズシャッターのような閉じ方(これも現実には採光絞り風で、

厳密にはレンズシャッターではないが)や、縦に上下から幕が下りてきますが実際の一眼レフの

シャッター構造は、ごく一部の製品を除きフォーカルプレーンシャッターです、これには横走りの

タイプと縦走りのタイプがありますが、シンクロ同調速度以上のシャッタースピードでは

先幕と後幕でスリット上の間隔を開けてフイルム面に当たる光量を調節します。

現実として、リアルな描写を求めると見ている人の受け取る感覚に全くそぐわない映像となって

しまいます、従って見せる映像というのは一般の人にイメージに近い形にならざるを得ないのでしょう。

2006/10/1506:15:46

一眼レフカメラでは、シャッターボタンを押すと、それまでレンズ→鏡(レフ)→ファインダー→目と送られていた映像が、レンズ→フィルムに変化します。

その時、レンズからファインダーに映像を送っていた鏡が、シャッタースピードの時間分だけ上に上がり、フィルムへ焼き付けます。
ファインダーへの映像は鏡が別の方向を向くのでカットされます。

そして、その状態を「シャッターが開いている」と言います。

シャッターって意味わかりますよね?

映像がフィルムへ届くのをシャットアウトするのがシャッターの役割で、それを開放するために「シャッターを切る」わけです。

あなたが「しゃったーが閉じる」と表現しているのは間違いで、実際には「開いている状態」なのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。