ここから本文です

ガットの耐久性。 ラケットの面をいつも同じ握りで打つのと、 気にせずランダム...

hir********さん

2012/11/820:14:46

ガットの耐久性。
ラケットの面をいつも同じ握りで打つのと、
気にせずランダムに使うのとでは、
ガットの耐久性に差が出ますか?

閲覧数:
425
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

黒山羊さん

編集あり2012/11/922:02:22

↑納得!


ホトンド無関係でしょう。
ボールが接触してストリングが切れるわけではなく、ストリングどうしがこすれあって削れるだけです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gon********さん

2012/11/910:59:09

先の人が書かれているように殆ど差は出ないと思います。
切れる原理としては、ガットのクロス部分が切れますから・・・

しかし、この様な場合には違いが出ると思います。
例えばラケットの中心では無く左側にボールが当たる人がいたとします。
同じ面でずっと打っていれば、その場所のクロス部分が切れますが、
反対面も使って打てば、反対面の左側(都合上、表面の右側)にボールが
当たりますので多少は長持ちするかもしれません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる