ここから本文です

遺産相続における被相続人名義の預貯金口座の扱いについて

mos********さん

2012/11/913:18:00

遺産相続における被相続人名義の預貯金口座の扱いについて

遺産の一部である預貯金口座を解約する場合は、
遺産分割協議書が必要であると書籍に書いてあるのですが、
これは、どんなに残金が少なくても、口座を解約する場合は必要なのでしょうか?

残金が少なくて、その口座を休眠口座にしないため、清算したいようなときも協議書が必要なのか、
というのが質問の意図です。

閲覧数:
342
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mia********さん

編集あり2012/11/913:32:30

まず、口座名義人が亡くなったことがその金融機関に知られていない場合には、
カードで下ろすなり、委任状を作って手続きをすることもできなくはないですね。
(あとで、相続人間でもめるかもしれませんが)

金融機関に知られて、相続手続きをする場合でも、金融機関によって、金額が少なければ、相続の手続きを踏まずに解約させてくれる金融機関もあります。(実際にそういう申し出をしてきた金融機関がいくつかあります)

金額と、金融機関による、ということです。

質問した人からのコメント

2012/11/9 13:38:38

感謝 素早いご回答大変ありがとうございます。
とても参考になり助かりました。
ご回答頂いた皆様に感謝申し上げます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

lav********さん

2012/11/913:29:23

必要です。
銀行は、あとあと正規の手続きをしていない事で起こり得るトラブルが想定されるのに、残高が少ないとう理由で危ない橋を渡って特別扱いはしません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる