ここから本文です

「この間の戦争と言えば応仁の乱」はどこまでが真実?

narano_midoriさん

2012/11/1222:33:15

「この間の戦争と言えば応仁の乱」はどこまでが真実?

京都の有名なエピソード、「この間の戦争と言えば応仁の乱のことを指す」というのは、どこまでが本当なのでしょうか?

1:これは事実なのですか?
2:それとも単なる噂?
3:初めは噂だったけれど京都の人が面白がって本当になっちゃった??

京都の人、ぜひお願いします。できれば、在住が京都市なのかそうでないかの記載もお願いします。

閲覧数:
3,261
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

beltsbill104さん

2012/11/1223:59:07

この前の秘密の県民ショーという番組で、京都特集があり、取り上げられていたように思います。

東京一郎(あずま きょういちろう)が京都出身の上司に、

「京都ではこの間の戦争と言えば、応仁の乱て言うそうですね?」と聞いたところ、

「何を言っているんや、この間の戦争言うたら蛤御門の変(はまぐりごもんのへん)やないか」と答えたということで、

この間の第二次大戦では、京都が一時期原爆の標的とされていたことや、爆撃部隊の総司令官である陸軍省長官が日本滞在の経験から京都を灰にすることは避けていたので、ほとんど戦乱にあうことは無かったのです。

そのため、この間の戦争と言えば、京都で新撰組が暴れまわったり、長州や薩摩がテロ活動をしたりした幕末のことを指すそうです。

そのほか、京都特集では、京都の老舗というと400年くらいの歴史がないと老舗と認めてもらえないとか、以外とパン好きとか、面白い話題がいっぱいでした。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jc7739faさん

2012/11/1705:38:43

京都市民ですが、その手の話は完全にネタです。
いかにも京都っぽいエピソードとして、そういうことを言う京都人がたまにいますが、言ってる当人も本気でそう思っているわけではありません。
大部分の京都人は、そういう話をうれしがってするような勘違いした輩を見ると「そんなんやから京都人は見栄っ張りとか、お高くとまっているとか陰口たたかれるんや。あほちゃうか」と苦々しく思っています。

bbonchebbさん

2012/11/1420:51:54

前の戦争は 応仁の乱
先 の火事は 蛤御門の変 まえの火事は どんとやき
これ あたりまえのことですわ
焼け野原になったのは この時だけですから

harharda0718さん

編集あり2012/11/1402:13:56

2 です 。

京都市で この間の戦争と 言えば 蛤御門の変と 聞いています 。

鳥羽・伏見の戦いは 市外ですからね 。


静岡市在住です 。

kdkosfpさん

2012/11/1223:36:40

ボクが学生時代に聞いた話だと、
ある学者(具体名は言ってなかった)が近衛文麿に「近衛公の所には古文書がたくさんあるんですよね?」と聞いたら「いや、この間の戦争で殆ど焼けて少ししか残っていませんよ」と答えた。
という話です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。