ここから本文です

無権代理について

dan********さん

2012/11/1309:05:08

無権代理について

以下、ある方からの回答です。

逆に本人が無権代理人に対して追認拒絶したのでは相手方は無権代理行為の追認催告権を失いません。しかし相手方が追認拒絶の事実を知っているなら、本人はそれを主張できるという事です。

事例をお願いします。

閲覧数:
101
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mag********さん

2012/11/1903:59:35

つか、事例もなにも文面そのままじゃないですか。

無権代理人に対して追認拒絶してても、無権代理行為に対して保護されるべき相手方がそれを知る訳ないのだから、
追認催告権がのこるというのはああそうだなと。

相手がその事実(追認する意思がない)ことを知っていたら、それでもなお催告権として認めるべきかどうかといえばそれは趣旨からして違うだろうと。

保護しなければならないのは当該無権代理行為によって、不安定な立場に立たされている相手方なんですから。

質問した人からのコメント

2012/11/20 09:49:06

ありがとうございます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる