ここから本文です

ボンネットの小さい傷を修理したいのですが ディーラーで聞くと新車時の塗装は再塗...

shi********さん

2012/11/1322:11:20

ボンネットの小さい傷を修理したいのですが ディーラーで聞くと新車時の塗装は再塗装されたものより品質が良いので 小さい傷ならタッチアップペイントで修理することを勧められました

小さな傷位でボンネットの再塗装をするならタッチアップペイントのほうが良いのでしょうか? また再塗装するなら新車時の塗装と再塗装では経年的な劣化に差がみられるのでしょうか?

閲覧数:
18,672
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2012/11/1412:54:57

一部の欧州車のように高温焼き入れされている塗装を除けば、新車だろうが補修だろうがウレタン塗装の強度に優劣はありません。
具体的にどのように耐久性が劣るのでしょうか?
簡易補修の速乾性塗料は除きます。(カーコンビニとか)

剥がれやすい。
と言うのならば、塗装業者の手抜きなだけです。

補修塗装の場合、ペーパーで傷をつけて、小傷をパテで埋めて慣らし、サフェーサーを噴いて、塗装するかと思います。
手間をかける業者は、元の塗装を剥離させた上で、同様の作業を行います。
これだけ手間をかけてもボンネット程度ならせいぜい15万です。

機械が塗装する新車と、人の手で行う補修塗装。
スプレーで塗装すると分かりますが、移動速度や圧力などを一定に均一に全面を塗装するのは非常に難易度の高い作業となります。
そういう意味では、補修塗装は仕上がりに難があると言えます。
また、ボンネットを外して塗装する場合、取り付けネジを外すので交換暦を疑われます。
綺麗に補修するなら、ボンネットを外して作業しなければなりません。

塗装の耐久性は厚さも影響します。
補修塗装のほうが一般的に厚くなってしまうので、耐久性は高いと言えるかもしれません。
ただ、厚くなると色味が違ってきます。
ボンネットの場合ですと比較する面が無いため心配は無用ですが。
3コート系の色になると、その厚みによる色の変化が目立ちます。(意識して見ないと分かりませんが)

色は完璧に整えても、色味が合わないとクレームになりやすい。
なので、小傷程度のために全面を塗るのはリスクがあると思います。
そのリスクは、決して塗装が劣っているわけでは無いということです。
まぁ、ディーラー的にはそうやって説明したほうが納得してもらえるんでしょうけどね。

よく知恵袋で色合わせが出来ない業者は腕が無い。
って言われていますが、100%同じ色に塗装することなんてのは不可能なんです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kuw********さん

2012/11/1322:31:51

新車時の塗装はとても頑丈です。再塗装したものとは比べ物になりません。
再塗装は値段の掛け方や業者により差がありますしね。

小さな傷がどれくらいかが判らないので何ともいえませんが、ディーラーの言う通り傷を目立たなくする程度にとどめておくのが良いと思います。再塗装は新車時の塗装が劣化したときに考えた方が良いでしょう。

miy********さん

2012/11/1322:21:45

う~ん、純正レベルで再塗装したいなら、ボンネットだけでも30~40万円くらいの費用が必要ですかねぇ…… まあ、ボンネットのサイズにもよるでしょうけど…… お金がかけられるなら再塗装でも良いと思いますが、目立たないような小さなキズでの再塗装はあまりオススメできません。

5万円くらいでの再塗装を考えているなら、経年劣化は否めません。純正塗装レベルの耐久性を求めるならお金もかかります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる