ここから本文です

生前に預金を引き出して一旦兄の口座に移したお金を、相続人である兄弟で分割した...

kom********さん

2012/11/1414:54:36

生前に預金を引き出して一旦兄の口座に移したお金を、相続人である兄弟で分割した場合、相続税、贈与税の課税はどうなりますか。

父の預金1500万円を、世話をしていた兄が父が死亡する前に全額おろし、自分の口座に移してしまいました。これを兄弟5人で分割することになりました。兄弟で話合しあった結果、私には兄から贈与分150万円と生前の生活支援金の返金90万円と合せて240万円が振込み送金されることになっておりますが、これは贈与税対象となるのでしょうか、それとも相続を受けたものとして申告しなくてもよいものなのでしょうか。
また父の預金を引き出した兄は生前贈与を受けたとみなされ、贈与税がかかるのでしょうか。

補足父の預金は亡くなる1年前に兄の口座に移しています。これが生前贈与とみなされるか否かで、亡くなった後の兄弟での分割が贈与とみなされるか、相続とみなされるのかが決まる気がしています。相続とみなされるのなら、相続額から見て申告不要と考えています。

閲覧数:
4,500
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nop********さん

編集あり2012/11/1510:34:50

贈与は生前に実施するものですから贈与税がかかります。 申告をしなければいけません。

今回の金額を計算した場合。相続税はかかりません、申告は必要ありません。

父の相続財産の合計金額によって計算しましょう。

兄弟5人で分割なら、基礎控除額(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)=1億円までが非課税になるということです。

課税価格の合計額から基礎控除額を差し引いて、課税される遺産の総額を計算します。
課税価格の合計額-基礎控除額(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)=課税遺産総額
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm


※生前に贈与をした場合。相続の3年以内では相続の対象になりますので、相続税はかかりません。 贈与の申告を先に実施している時は、払った税金が戻ってきます。

補足。相続の範囲のなかであると考えることができると私は思います。相続では財産総額の確認は必要です。預金だけの話ではだめです。

兄は責任をもって「相続する」ことを行動したわけですから、手順として1年前に全額を引き出す必要はなかったわけですが(その結果トラブルになる危険や誘惑があるからです)不正行為が行わるれるほうがおおいのです。 今回は父の財産を正しく管理しているという考え方で、個人の所有物にしたとは断言できない状態だったと言えます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる