ここから本文です

今回の冬は、灯油の価格はどうなりそうですか?

goo********さん

2012/11/1810:09:07

今回の冬は、灯油の価格はどうなりそうですか?

閲覧数:
228
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

どつきやさん

2012/11/2022:47:13

高止まり傾向のままで推移しますでしょうか。国際的には、値下げ基調はあるのでございますが、未確定要素が多いことから、「右肩下がり」に「簡単に移行していけない」というところでございましょうか。

将来の見えない要素には、例えば次のようなものがございます。

①アメリカのシェールオイル・シェールガスの産出に関して、その将来性と商業ベースに乗るのか否か。アメリカという巨大市場が、「買い手側」から「売り手側」に変わったら大事にございますね。
②シリアの内戦情勢の方向性が見えないこと、イスラエルとガザ地区との紛争の行方も終結の方向が見えないことから、中東地域に不不安定要素が消えていないこと。この状態では、産油国が、当面の「軍資金確保」のために増産に踏み切る可能性が否定出来ませんですね。供給量が増えますと価格に大きく影響いたします。
③TPPや日中韓の関税協定の行方と、日本と中国、日本と韓国との間の緊張感が高まっていること。中国やインドは、後発ながら、工業化を急いでおりますために、石油産出国でありながら、重油などの大量消費国でもあります。その一つである中国が日本との間で「緊張を高めている」ために、様子をしている状況がございます。当然、片一方の我が国の動向にも注目がございますが。
④国内事情として、政権党が、どこになるのかも国内各石油元売各社の動向に影響いたしますですね。自民党政権に戻れば、「景気対策として多額の資金が市中に出回る」可能性が高くなります。そうなりますと、エネルギー需要も高まりますので、高くても売れるという状況も考えられますですね。
また、脱原発という「極めて曖昧な表現をしている」党が主導となりますと、これも価格に影響いたします。「脱原発」というのは、さすがに石原元都知事が明確に申しておりましたですが「エネルギー需要の見通しや廃炉費用や供給コスト計算や経済動向などを計算もせずに、一概に、廃止だというのは乱暴だ。キチンと計算したうえで、依存度は、この程度と決めてから、そこからスタートしなきゃ」と。正論にございますね。

要は、世界的に、不安定なために、価格が決められないのでございますね。
まあ、正月までには、ある程度、目鼻の付くものもございます。その辺りから、おそらくは、安値方向に転じるとは思いますですが。

質問した人からのコメント

2012/11/24 23:33:46

成功 みなさん、回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

山根さん

2012/11/1821:26:00

暫く前まで米、新興国、欧州、日本の同時景気後退のため原油は余り気味で、指標となるWTIは、5月の110ドルから一旦79ドルを切るまで急落しました。しかし、その後米景気が回復したため、概ね底を打ち、今は反転の兆しがあります。米景気が回復すると、米への輸出増で、ドバイ原油を使用しているインドや中国などの新興国の輸出景気も改善しますから、ドバイ原油も上げて来ると思われます。更に、日本は貿易赤字拡大のため、為替が円安方向に動き始めており、いずれも日本国内の灯油高に繋がる要因となります。
今後徐々に高くなっていくと思われます。

sis********さん

2012/11/1818:22:10

高くなりそうです。外部に頼らない段を取るために。灯油ストーブが良く売れているのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる