ここから本文です

エロいものを見たときのジヒドロテストステロン(DHT)の分泌についてです。

torisutorisu2005さん

2012/11/1813:04:31

エロいものを見たときのジヒドロテストステロン(DHT)の分泌についてです。

今自分はオナ禁をしているのですが・・・気になったことがあります。
イってしまったり、寸止めをすると男性ホルモンが大量に分泌されて、しかもそれがDHTへと変換されて
色々と体に悪さをするという話はよくききます。

しかし、エロいことを考えたり動画や画像を見たりして勃起するだけでもテストステロンは
DHTへと変換されてしまうのでしょうか?その変換量はイったときと同じくらいなんでしょうか?
また、性器に触れる・触れないでも変わってくるんでしょうか?

オナ禁だけではなくエロ禁もしたほうがいいということは分かるのですが、
見るだけでもそうなってしまうのか気になってしまって・・・。
あとついつい、見てしまいますよね←

ご回答の方、よろしくお願いします。

補足上げます・・・教えてエロい人!

閲覧数:
49,718
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/11/2223:25:43

エロい<<性器に触る<<射精or寸止め
の順にDHTがヤバいと思います。
ただ、寸止めして、長時間エロいDHT変換を起こすくらいなら、
エロくなるまえに(勃起する前に)射精した方が全体のDHT変換量が下がるケースもあり
一概に大小関係は言えないと思います。時間積分する必要があるということと、変換率が線形ではないということです。
そして、包茎の場合、オナニーは天敵みたいなものと考えた方が良い
特に、亀頭オナニーは短小になるといわれ
皮オナニーは包茎になると言われ
良いことは何もないよ
ただ、無淫体術などで防ぐことはできる。
何も対策しないなら、エロ禁が一番確実だと思う。
オナ禁の意味は、物理的な刺激より脳内の分泌にキーがあるからね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

f_ma3434さん

2012/11/2423:37:52

そもそもマスターベーションによってDHTの分泌量が増えるというエビデンスがないです。性交渉によってテストステロンが増加するというデータは報告されているようですが。

ここから先は私の考えで、「何を原因として捉えるか」が争点になる話だと思います。

「マスターベーションを毎日のようにしていると、フケが目去ったり、肌荒れやニキビ、疲労感、体毛が濃くなるなど、不潔感が表れるようになった。ところが、マスターベーションをやめてさっさと寝ると、十数日経ったころには肌荒れがなくなり、毛の伸びもゆっくり、メリハリがつくようになってきた。」

マスターベーション⇒不潔感が現れた

と考えた場合ですが、ここで疑問なのは、夜遅く(ようは身体の組み替えが起こる22時〜2時の時間帯)までマスターベーションのために起きていたせいで、身体の修復をのがし上記の症状が表れたことは考えないのか?ってことです。

寝なきゃ疲れは当然出るし、身体によくありません。DHTはストレスによる血管収縮を防ごうとして分泌するという一説がありますが、寝なきゃストレスに晒されてボロボロでしょう。

なんでもかんでもオナニーのせいにするのは間違いだと私は思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。