ここから本文です

太陽光発電の採算について教えてください。条件として、家庭に4kwのソーラーパ...

luc********さん

2012/11/1821:07:39

太陽光発電の採算について教えてください。条件として、家庭に4kwのソーラーパネルを設置するとします。

太陽光発電の採算について教えてください。条件として、家庭に4kwのソーラーパネルを設置するとします。出費費用として
設置費用は1kw55万だとして4kw220万・10~15年ごとの機材の点検、交換のメンテナンス費には30万ほど。また年間のいままでの電気代は11万4638円とします。

収益として売電価格は42円/kw 日照時間は年間1613.6時間 設置によって得た補助金が30万です。
出費{設置費用・メンテナンス費・今までの年間電気代}
収益{補助金・売電による利益・太陽光発電によって払わなくてもよくなった電気料金}
これらを以上の数字を使って計算する場合、どのようになりますか?またこの場合収益が出費を上回る年は何年後になるのでしょうか?わかりにくい説明ですが、よろしくお願いします。
もし設置して利益が出ない場合、なんのために太陽光をする意味があるのでしょうか?そちらのほうも回答をお願いします。

閲覧数:
892
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ulr********さん

2012/11/1821:38:47

採算についてはこちらでお屋敷の情報を入力するとはっきりした結果がわかります。

京セラ
http://www.kyocera.co.jp/solar/pvh/simuinfo/explain.html
三菱
http://www.mitsubishielectric.co.jp/all-denka/taiyoko/index.html

4~5kw程度の規模があれば概ね9年程度で設置費用の回収が可能というような感じです。
固定価格が10年間ですが11年目からの買取価格は不透明です。
仮に買取制度が打ち切りとなった場合ですが、発電している間自給自足となりますので引き続き電気代の節約にはなります。

買取が11年目から打ち切りになった場合ですが、「売れないなら全部使ってまおう」という風に考える方が増えそうですが、そうなると本来の省エネ・環境という考えとはかけ離れてしまいますね。
今後この理念と制度の差のギャップがどのように整合されるか注目すべきポイントになると思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jir********さん

2012/11/1915:35:02

まず、結論から言うと採算ベースにはのらないと思います。
①日照時間1613.6時間・・・日本でも日照時間の少ない部類です。地域で言うと福井、鳥取など日本海側ですね。
この辺りでの1kWあたり年間発電量は1000kWh程度が良いところでしょう。
http://grading.jpn.org/SRB02401.html
②設置費用1kWあたり55万円・・・今時割高です。最低でも40万円/kW以下を目指さないと。
③年間の電気代・・・太陽光の場合、日中の電力消費量の大小が一番の問題になります。極力自家消費せず、売電する事が回収のキモになるからです。今回は、年間の電気代を24円/kWhで割ってバクッとその4割、年間約1600kWhが自家消費と仮定します。

以上の仮定で、4kWの場合年間の発電量は4000kWh、自家消費が1600kWh,売電が4000-1600=2400kWhとします。
年間の経済効果は2400×42+1600×24=139200円です。導入の実金額が220-30=190万円に対して、10年後の未回収金額は
190万-13.92×10=50.8万円になりますね。
ここに、11年目以降発生するであろうメンテナンス費用を乗せると80.8万円になります。
さて、11年目以降をどう見るかですが、売電単価優遇措置はなくなるので、恐らく売電=買電になるでしょう。
電気代が今のままとすると、24円/kWhです。売電も自家消費も価値は同等になるので、11年目以降の経済効果は単純に
4000×24=96000円/年になります。
80.8万円を9.6万円で割り返すと、8.4166・・・
よって、計算上は(太陽光パネルの性能が落ちないとしても)18.42年程度掛かることになります。
パネルの性能低下も考慮すると20年でギリギリってところでしょうか。

逆に考えると、10年でペイするためには、年間の経済効果×10=139.2万円の自己資本で設置が必要になります。
補助金30万円としたら、それを足して169.2万円です。kWあたり単価にすると42万円/kWになりますね。

以上、南側の影の掛からない屋根に設置が前提ですが、基本的に約40万円/kW以下が10年でペイできるラインだと思ってください。

今は30万円台で設置できるところも沢山ありますので、安いところを選んで、回収できる金額での設置が望ましいですね。
後は、電気代の推移をどう見るかですね。自家消費分については、電気代が上がると価値が上がりますから、今の電気代アップの推移を見ると、計算上はもっと早く償却できる可能性も出てきますからね。

例えば、上の計算で、(自家消費にあたる)電気代の単価が30円に上がったとすると、
2400×42+1600×30=148800円 となりますので、10年間の経済効果は計算上10万円近くアップする事になります。

bkf********さん

2012/11/1821:16:24

答えは出ているでは有りませんか、太陽光は経済で考えてはいけません、環境に興味がある人の道楽です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる