アメリカ で 買い物するとき 円高 ・円安 どちらのほうが お得 ですか ??

アメリカ で 買い物するとき 円高 ・円安 どちらのほうが お得 ですか ??

株式377閲覧

その他の回答(3件)

0

アメリカ で 買い物するとき 円高 ・円安 どちらのほうが お得 ですか?? 回答は2つありますね・・・!! A-1. 米国人や米国で生活している人にとっては、円高水準にある場合、日本製品を輸入して購入する場合は、割高になります。 事例提示として、1万ドルの予算で日本車を買うことについて考察します。 1ドル70円の場合は、1万ドルの予算で70万円相当の車が手に入ります。 1ドル120円の場合は、1万ドルの予算で120万円相当の車が手に入ります。 ですから、米国人にとって円高の場合は、日本製品は割高に感じる為、購買意欲が減退します。ですから、円高の場合、日本製品の売れ行きが悪くなってしまうのです。(日本株を買ってもらえない理由でもあり、日本の輸出産業の売上が伸びない所以です。) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ A-2. 日本人が、日本円を米ドルに換金して、米国に旅行に行って買い物をした場合は、割安の買い物ができます。 事例提示として1万ドルの買い物について考察します。 1ドル70円の場合は、70万円の予算で1万ドル相当の米国のお土産や品物が手に入ります。 1ドル120円の場合は、120万円の予算で1万ドル相当の米国のお土産や品物が手に入ります。 ですから、日本の輸入貿易業者にとって円高の場合は、海外から良い品物を格安で仕入れることができます。ヤナセ・BENZ・VW・BMW・AUDI等は、販売料を伸ばし利益を上げていますね。 円高差益を利用した商いの100円ショップは、そのほとんどの商品がが輸入品で占められています。円高はデフレ経済、円安はインフレ経済を我が国に齎す原因の一つと言えます。