ここから本文です

卒業制作でAndroidアプリのクイズゲームを4人で開発するのですがどのように開発す...

desukurimuzonnflowさん

2012/11/2811:42:02

卒業制作でAndroidアプリのクイズゲームを4人で開発するのですがどのように開発すればい良いでしょうか。

開発環境はEclipseとandroidSDKを使います。クイズゲームとしては4択の問題を次々に画面に映し、一問答えたら次の問題が出るようにし、最後にスコアを表示するものですがプログラミングの経験が無いのでどのようにすれば良いのかよく解りません。詳しい方宜しくお願いします。また4人で開発するので役割分担をどのようにするのが効率が良いかも教えてもらえると助かります。

閲覧数:
2,209
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

keicha_hrsさん

2012/11/2814:36:28

まあ、最初に厳しい答えが飛んでいますが(もっともではあります)、それだけではあんまりなので。

まず目標をどこに置くか。市販アプリケーションみたいに、豪華なアニメーションがあって派手な効果音が鳴るようなものは到底不可能です。それは承知されていると思います。といって、標準のボタンとテキストビューを並べるだけのアプリでは味気なさすぎるでしょう。発表で白けてしまうでしょうね。

例えば、
・動作させる実機の液晶サイズに合わせた画像ファイルを背景とする
・画像ファイルをボタンとして使えるようにして配置する
・それぞれ離しているときと押したときの2パターンの画像を用意する
・開始時、出題時、正解・不正解時、終了時にちょっとした効果音が鳴るようにする

くらいであれば、現実的でしょうか。

Java言語を完全にマスターした上で制作に入るのは、確かに期間的に無理です。ただ、単純なAndroidのプログラミングであれば、ある程度セオリーの積み重ねだけでも作れます。コンピューターに触ることに慣れ親しんでいる人が複数いるのであれば、入門書籍にあるようなセオリーをひと通り修め、ただサンプル通りに書いたからできたというだけではなく、どのコードがどういう働きをしてそのような結果になったのかを理解できる力があるかどうかでしょう。

まずは開発環境を構築し、ボタン1個を押したら何かしら出力が得られるようなプログラムを作ることを経験してみてはどうでしょうか。そこに手応えを感じられるのなら本格的に取り組み、全く理解できそうにないと感じるのならテーマを変えた方が良いかもしれません。

一つ助言しておくと、Androidの開発環境は非常に変化が激しく、書籍を参考にしてもすぐに最新版の開発環境と書籍の写真が異なってしまうのは当たり前のことです。ただ、機能自体がまるで変わっているわけではなく、書籍の説明に相当する部分は必ず残っています。そこをきちんと読み解いて臨機応変に書籍を用いることができなければ、厳しくなるでしょう。

役割分担は・・・そうですねえ。

問題制作、画面デザイン担当
音楽、画像ファイル作成担当(ネットで適当なファイルを収集するなり、お絵かきアプリで適当に作るなり)
書籍を参考にして先行してプログラム勉強をする担当2人

って感じ?最終的にはプログラムは皆で取り組むべきでしょうけどね。

質問した人からのコメント

2012/11/29 09:58:26

回答ありがとうございます。中々調べても出てこなかったので助かります。確かに1から完全に理解するのは難しいと思いますが少しは先が見えてきました。協力してがんんばって行きたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

e00083khさん

2012/11/2909:39:37

Androidアプリの講習に参加させてもらえないか。
研究室の先生に相談されては?

まずは、理解することが重要です。

niikoujpさん

2012/11/2815:44:31

ます、4択の画面を1個、チームで力を合わせて作り上げ、
答えを選択後、結果を表示して
次の4択の画面を表示する、基本的なスモールモデルを作り上げる事に専念すべきです。
はじめてなら1ヵ月かかるかも知れません。
理想と現実のギャップに、どんどん時間が削られていくかも知れません。
しかし、それが出来れば、スタート画面やゴール画面やゲームオーバー画面等を作るスキルは身に着くはずですし、
音やアニメーション等の効果は後から付けましょう。
まず、基本を完成させる事です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

rindou240さん

編集あり2012/11/2815:01:26

4人とも初心者なら、最初は4人全員で同じことを調べ、サンプルも同じものを作ってみる、というところから始めた方がいいと思います。

同じものを作っていても、すんなりできる人とそうでない人がでるので、教えあって、開発の基礎を一緒に勉強する。
まずは、開発環境をそれぞれに整え、
常に同じ文章がでるような単純な画面が表示できるまでを作り、
次に、ボタンを押したら次の画面に行くようにしてみる、というような簡単なものをひとりひとり作ってみて、ある程度わかってきたら、
具体的に作りたいものを設計し、役割分担していきます。

設計者、プログラマ、画面デザイン担当とかいうように分けられるほどたくさんの機能があるわけじゃないですからね。

わからないことがたくさん出てくると思うので、
画面の色を変える方法を調べる担当とか、画面に画像を表示する方法を調べる担当とか、というように調査する課題ごとにわけるとか。
問題と答えをDBで管理するなら、DBの使い方を調べる担当、とか…
で、わかったことを持ち寄って、それを1つのプログラムに組み込むにはどうするかを考える。

2012/11/2812:56:16

一言で言えば無謀じゃな。
プログラミングのチーム制作自体がかなり経験が必要じゃし、java言語を今から学習するのにかかる時間も人それぞれで挫折率も高いのでリスキーじゃ。1年ぐらい余裕があって半年ぐらいやってダメならテーマ変更できるならチャレンジしても良いと思うがのう。

どうしてもやりたいと言うならじゃが、
Java言語の勉強 → Android開発の勉強 → Androidでアプリ開発
普通は、これで1年以上は掛かるじゃろう。短くて半年余りでスクールで学ぶことも可能じゃがお金はあるのかの?
※ 一日二日で学べるとか言うセミナーは金の無駄遣いじゃよ・

理想のチャーム分けじゃ。
メインプログラマー、サブプログラマー、グラフィック担当、サウンド担当、クイズ問題作成は兼任
ってところじゃな。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。