ここから本文です

鶏口牛後について。登場人物と登場している国はどこなんですか? 似ている名前ば...

mic********さん

2012/12/218:11:02

鶏口牛後について。登場人物と登場している国はどこなんですか?
似ている名前ばかりで分からなくなってしまいました(ToT)

あとテストに出そうな大切なポイントも教えてもらえたら嬉しいで

す!

閲覧数:
1,187
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/12/317:52:04

『十八史略』(鶏口牛後)

強大な秦が周囲の国々を脅かしていた。

蘇秦という男が、燕王の文侯に、趙と同盟して秦に対抗するよう、説いた。
燕王は蘇秦を趙に行かせた。

蘇秦は趙王の粛侯にこう説いた、
「秦に脅かされている六ヶ国が同盟し、秦を排斥するよりよい方法はありません。」

そこで、趙王の粛侯は蘇秦を他の国々に行かせて、同盟を結ぶよう説かせた。

蘇秦は世間によく言われていることわざを使って、このように諸侯に説いた、

「小さな組織のトップになるのはいいが、大きな組織に従属してはならない。」と。

詳しい解説が以下にありますので、ご参照ください。注意すべき語法も載っています。

http://members.jcom.home.ne.jp/diereichsflotte/18CsAH/KEIKOGYUGO.ht...

micmic1317さまのご質問にお答えしました。

質問した人からのコメント

2012/12/7 12:46:14

降参 詳しい解説までつけていただきありがとうございましたm(__)m
テスト頑張ろうと思います!!
みなさんありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

へいぞうさん

2012/12/219:06:15

中国、周時代に友人同士がそれぞれ将来の夢を語り合った時、大言壮語する友の中で一人の青年が『我は牛後ー牛の尻尾になるより鶏の頭になりたい』と言って実際にそうなったと言うことから「牛後たらんより,鶏頭たれ」の諺が生まれました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる