ここから本文です

経理初心者です。昨年末に設立した法人の第一期目の決算で困っています。どなたか...

lei********さん

2012/12/1902:20:17

経理初心者です。昨年末に設立した法人の第一期目の決算で困っています。どなたか助けて頂けないでしょうか?

会計ソフトは弥生会計10プロフェッショナルを使用しております。私が入社した時には、すでにこのソフトはPCにインストールされておりましたが、シリアルナンバーとかソフト自体の書類は紛失してしまって無いようで、ソフトの使い方などサポートセンターに尋ねる事もできません。

税理士さんにお願いしても費用もかかるし、まだ小さい会社ですし、出来れば自力で乗り切りたいと思っています。
そこで下記について質問です。自信も無いし初心者ですし、変な質問になっているかも知れませんが、どうか教えてください。

設立は、H23.12/26で、決算が11/30です。期中の処理は、ソフトの仕訳帳に入力していました。ネットで調べて決算仕訳を行ってみましたが、これで良いのか不安です。
手元の残高と銀行の残高の合計は、帳簿の現金出納帳と預金出納帳と一致しています。
領収書や請求書も確認し、仮勘定になっていた所は正しい勘定科目で仕訳を行いました。
私の会社は、造園業(建設業みたいに大きな工事はなく、主に剪定などで、元請から仕事を請け負って行っているため、商品を販売したりはありません。また在庫や棚卸や手形取引もありません。)

①売掛金について、お金の流れで入ってくる所は、元請からの入金で、締め日が毎月20日、翌月の10日に振り込まれます。ですので、売掛金は11/20締め分と11/20~11/30までの間のお金が売掛金として残ると思うのですが、この場合、11/20~11/30に関してはまだ、実際に仕事は行っているが請求書は12/20に出すため、この間のみの計算が出来ません。この場合、この10日間については、無視してしまって構わないのでしょうか?とりあえず、今は11/20締めの1か月分が売掛金として記帳されています。

②①の売掛金の入金をもらってから、社員に給与支給を行っています。社員の給与締め日は毎月20日、支給日は翌月の25日払いです。となると、11/25に支給されるのは、10/20締め分ですので、10/21~11/20までに働いた分と11/21~11/30までの10日間分は、まだ支給されていません。この場合、給与未払いで処理しなければなりませんか?仕訳を教えてください。

③車の保険料も更新日から決算日までの月数計算で、前払いで仕訳ないといけませんか?また、労働保険料も月で計算しないといけませんか?
今のところは、前払い勘定は使用せず、ただ保険料、法定福利費として、仕訳しています。このままの仕訳だと問題がありますか?どのようにしたらいいでしょうか?


④減価償却について、7月に中古で車を2台購入しています。2トンダンプ 180万(H16年製)と、軽バン 66万(H22年製)です。定額法、間接法を起用しています。(減価償却の届け出は、まだしていませんが、2か月以内に提出しなければならない事は承知しており、用紙は作成しました。)
この場合の、耐用年数は2年、償却率は0.5で合っていますか?どのように仕訳したらいいですか?

減価償却費/減価償却累計額 という仕訳で合っていますか?この数字を出すには、2トンダンプなら、180万×2×0.25×5÷12で出した数字で合ってますか?この計算で出た数字を上記の仕訳にしたらいいだけですか?

⑤その他、決算仕訳で必要な事ってありますか?ネットで調べていると、正しく仕訳を行った後に、決算振替仕訳をして、損益勘定に振り替える・・・貸借を合わすetc 記載があるのを見つけましたが、決算振替仕訳ってどこをどう触ればいいのか、全くわかりません。どうしたらいいか、具体的に仕訳を教えて頂ける方いらっしゃいませんか?


⑥所得税の支払について、支払方法は年2回の届け出をしていますが、本来7月に支払わなければならない所得税が遅れ、11月に1/1~6/30日までの分を支払いました。仕訳は支払った日に、預り金 / 現金 としているのですが、合ってますか?

⑦①~⑥まで、仕訳がきちんと出来たら、決算仕訳は完了という解釈でいいのでしょうか?これで、ソフトから決算書が出ますか?

⑧法人税等は決算書が出来ないと計算出来ないと思いますが、今の段階で法人税等の仕訳は必要ですか?ちなみに今期は赤です。もし、仕訳が必要なら、どのような仕訳が必要になりますか?

以上、いくつも質問して申し訳ありません。本当に疑問が多くて、悩んでいます。ご教授頂きますようお願いいたします。

補足ちなみに、今期、免税事業者です。どう計算しても今期は赤です。それでも課税しやすいというのはどういう意味でしょうか?
。。。。ご回答いただいた方から税務署の餌になるとのご指摘を頂いたので、疑問に思いました。
黒か赤のギリギリの数字ならともかく、完全に赤になっているのに、税務署の餌になるというのはどういう意味なのでしょうか?

税理士さんにお願いすることが一番なのは十分理解しています。会計ソフトは過去に少しだけ使用したものの、簿記の3級程度の知識しかないし、無謀なのは分かっているつもりです。
ですが、ここまで来たら何とか自分で乗り切りたいのアドバイスをお願いしております。どうかよろしくお願いいたします。

閲覧数:
4,045
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ma_********さん

2012/12/2015:23:16

①10日分を無視せず、売掛金として計上しないとダメです。決算が11/30なら申告期限は1/31日ですから、12/20に請求書の発行があって金額が分かるなら、それが分かってから計上すれば良いと思いますけど、間に合いませんか?もしそれだ間に合わないのであれば、人工単価に日数を掛けてなど、わかるものだけでも計上された方が良いと思います。
会計は10日分の売上を取り込まず申告調整だけする方法もありますが、それだとご質問者様にはハードルが高いと思うので、できる限り会計で取り込んだ方が良いです。

②10/21~11/20までに働いた分と11/21~11/30の給与についても厳密には未払金等で取り込むことになりますが、売上と違って経費は取り込まなかったからといってペナルティはありませんので、取り込んでも構いませんが11/21~11/30の〆後の分は取り込まなくても差し支えないです。(私なら、赤字ですし〆後の分は取り込みません。)
10/21~11/20については、すでに確定している給与ですので、(借方)給与手当(貸方)未払金などで、計上して下さい。
両方取り込むというのなら、個人的には両方(貸方)未払金で良いと思いますが、簿記論的には、10/21~11/20については未払金、10/21~11/20は未払費用ですね。
実務的には未払金で処理をしてしまうのが一般的です。

③車の保険・・・保険期間が1年以下で毎期保険料を払っているものなら、短期前払費用というものになるので、全額保険料などの科目で費用処理していても問題ないです。もちろん前払費用で計上して月割で費用処理でも良いですけどね。
ただ、保険期間が1年超の場合は、短期前払費用というものにならないので、前払費用として月割で計上しないといけません。

労働保険・・・被保険者負担分は立替金で処理しないといけませんが、それ以外の部分は労働保険の申告書を提出した事業年度か納付した事業年度に費用処理すれば問題ないので、前払費用で計上しなくても問題はないです。
ただ、実際、被保険者負担の立替処理について実際やっている法人さんはあまりないですね。
通期では問題ないので気にせず払った金額を法定福利費、給与天引き分は法定福利費のマイナスで処理をしても、税務上問題視はされないと思います。

④届出を出すのなら定額法で大丈夫ですので、耐用年数は2年、償却率は0.5、算式もあってます。
仕訳は(借方)減価償却費(貸方)車両(若しくは減価償却累計額)

⑤会社の内容が分からないのでどんな決算修正仕訳を入れたら良いのかには回答できません。
期中で減価償却なり、〆後の取り込みなり、全て仕訳を取り込むのなら決算修正仕訳は入れなくても別に問題ないです。

⑥あっています

⑦本来は税金の未払計上(赤字でも均等割りは出ます)など、他の仕訳もあると思いますが・・・・
全て計上できたと思うならソフトから決算書を出せばよいと思います。
ただ、⑤にも書かせて頂きましたが、期中を含め何を計上していて、何が漏れているのか分かりませんし、全ての処理が適正にされているかも分かりません。どんな内容のものがあるのかも分かりませんから、それで完成しているかは判断できません。

⑧決算書ができなくても税金の計算はできます。税引き前利益をもとに計算して、算定した税額を(借方)法人税等(貸方)未払い法人税等などで計上します。⑦にも書かせて頂きましたが、赤字でも均等割りは必ず発生するので税額がゼロではありません。

⑨その他
仕掛工事はないのですか?
決算期をまたぐ工事があるのなら、その工事にかかった人件費や材料などの経費は全て、棚卸資産として仕掛工事等の科目で資産計上する必要があります。

会計上赤字でも税務上も赤字とは限らないというのが難しいところです。
申し訳ありませんが、上記の質問を見た限り、一人で決算を組めるだけの知識はないと判断できました。
赤字だから適当な処理でも税金は大丈夫というのは大間違いなので、きちんとご自身で勉強されるなり、誰かに指導してもらうなりして身に付けた方が良いと思います。
とりあえず、今回の決算もきちんと組めているのかは怪しい部分がある印象なので、ある程度知識のある方に作成したものを見せて、ざっくりおかしなところがないか見てもらった方が良い気がします。
例えば、税理士に1人で決算が組めるようになる指導をお願いしても受けてくれるところもあるでしょうし、税理士でなくても、商工会議所等で指導してくれたりもします。
そういう方法でまず指導してもらって、きちんと自身で決算が組めるようになったら自身でやるというようにした方が良いのではないでしょうか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ely********さん

編集あり2012/12/2021:06:21

法人の確定申告書には決算書の他に別表も書かなければいけません。この別表こそが申告書の本体と言っても過言ではありませんが、書けますか?何も知らない素人がちょっと勉強したぐらいでは無理だと思いますけど。1年目くらいは早めに税理士を探して今年だけでもお願いした方がよいと思いますね。
それはさておき、その前段階の決算書を作るわけですが
①受注金額を作業日数で割るなどして21日以降の売上見積を計算し、売上に計上します。
②給与に関しては毎月毎年計上することで支払月の費用とすることが認められています。外注費は基本的に請け負いになるので未払金になります。ですが給与の支払いで1カ月以上締めと支払日が空いているのは労働基準法で禁止されています。20締めなら翌月20日までに支払わなくてはなりません。その点から言うと今後訂正する時に11月20日までの分は未払いとしてあげておいた方が辻褄は合います。但し未払い給与と言うのは非常に目立つので税理士にお願いする時は相談した方がいいでしょうね。(目立つというのは税務調査が入りやすいということです。3年間目を付けていて利益が上がり始めたころ来て、追徴をぼったくりに来ます)
仕訳 給与/未払費用 (適用)11月分給与
③来年も再来年もそうするなら何もする必要はありません。支払った月で処理して終わりです。もっと利益が出て、月々の正確な分析データが必要になったら月割にしましょう。
④基本的に正解です。ダンプは耐用年数を過ぎているので2年でOK。バンの方は貨物自動車とは言えないので耐用年数4年、購入時にすでに2年経過しているので対等年数2年とします。償却率は0.5、月割になりますので7月~11月だと5/12をかけることになります。
減価償却累計額を使用しないで
減価償却費/車両運搬具
とやってしまった方があとあと楽ですよ。
⑤今、あなたがやってきたことが決算仕訳です。ほとんどできていますよ。簿記3級の知識で決算仕訳の基本は大丈夫です。法人会や商工会議所などで小冊子を作っているところもありますし、講習会を開いていたり税務相談にのってくれたりする場合もあります。法人会の主旨は健全で適正な申告を目標とすることなので、節税までは教えてくれませんが正しい申告書を書くと言うことではよろこんで力を貸してくれると思います。うまく活用しましょう。また、以前は法人会のメンバーは会報にステッカーが付いていて申告書に貼りつけるようになっていました。何故でしょうね?
⑥年2回払いは滞納すると承認が取り消されることがあるので気を付けてください
⑦法人税を計上するのなら
未払法人税等/法人税等
で均等割りの法人市民税50000円と法人県民税20000円の仕訳をします。

補足
他の回答者の方がどういう経緯で言ったのかよくわかりませんが、言えるのは今年が赤でも税務署が入れば過去7年まで遡れるのです。今年が赤でも来年、再来年、7年後も赤とは限りません。税理士がいない会社は税や過去の裁判例の知識を駆使して反論してくれる人がいないということです。もし税務署に目を付けられたら一たまりもない、言いなりの税金をぼったくられるということかもしれません。例えば「この売上の根拠は何?計上が小さすぎる。もっと多く見積もらなきゃ」「この経費は今期に対応するものじゃないので経費として認められません」と言って赤だった申告書がみるみる黒になって利益でる、利益の半分は本税、残りの半分は延滞税と過少申告加算税ね、といった具合です。

以上のような理由から自分で決算をやると言うのは大変良い心がけではありますが法人税に情けはありません。知らなかったは考慮されないのです。どうしてもというならやはり法人会などの力を借りた方がよいかと思います。


追記
折角書いたので消しませんが給与支払時期の労働基準法違反以外の件についてはma_chan721253さんの回答の方が的確ですので基本的にはma_chan721253さんのアドバイスに従った方がよいと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる