ここから本文です

薄暗い部屋で写真をキレイに撮るには内臓のストロボでは限界がありますか?

eig********さん

2012/12/2313:56:47

薄暗い部屋で写真をキレイに撮るには内臓のストロボでは限界がありますか?

閲覧数:
320
回答数:
8
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fun********さん

2012/12/2314:15:56

限界は有ります。
また、外付けのクリップオンでも限界は有ります。

質問した人からのコメント

2012/12/30 07:49:26

降参 皆さま、情報ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

かめださん

2012/12/2412:11:54

写真は真っ暗で撮れるものではないですし、自分で発光している場合以外は、照明してやらなければ見えませんし、照明の仕方で見え方は大きく異なります。

つまり、ワンパターンでしか照明できない内蔵フラッシュでは限界があります。

撮影する方向から強い光を当てると、影が出来ず、立体感の無い写真が撮れます。本当に真正面から無影照明(たとえばリング照明)をすると、立体感が殆どなくなりますが、少しオーバー気味に撮ると、しわ、しみが隠せます。

顔を下から照明するとどう見えるかは良くご存知でしょう。コンパクトカメラでは縦位置でフラッシュがレンズの下に来ることを気にしない馬鹿が沢山居ますね。

基本はトップライト、発光面積を大きくすると影が柔らかくなり、正面からの光でキャッチライトを入れる位が普通でしょう。正直、内蔵フラッシュもクリップオンフラッシュも記録用(記録が悪いとは言いません。記録用には内蔵フラッシュはとても便利です。)か、キャッチライト用だと思います。レフを使ったバウンス(天井なんて色不明な物でやるものではない。)、多灯などをしてこそ照明と呼べる物だと思います。

kaw********さん

2012/12/2316:37:31

当然限界があります。ですからメーカーから外付けストロボが販売されているという事です。必要だから販売されているのですよ。

非公開さん

2012/12/2316:07:30

X-pro1なら真っ暗でも
長時間露光で綺麗に撮れます。

mat********さん

2012/12/2315:46:24

限界がありますね。

光量不足(せいぜいGN12程度)もありますが、なにより
内臓ストロボは被写体に直接向いていることが大きいです。
そのため、背後に醜い影ができる、顔がテカったり、メガネに反射する、
表情が固ーい感じになるなどなどが発生します。

お使いのカメラが一眼レフならば、内臓ストロボ用デフューザーを使用する、
外付ストロボ(スピードライト)で天井バウンス撮影または、デフューザーを
使用する。

お使いのカメラが、コンパクトタイプであれば、、スレーブストロボを使うのも手です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mom********さん

2012/12/2315:03:15

内蔵ストロボの光量が小さいため、限界を感じることがありますが、大きなストロボを使用してもやはり、撮影方法を工夫しなければ「影」が大きく出てしまいます。他の方が言われるように「ディフューザー(拡散器)」を使ってみると良いです。ちょっと仰々しいですが効果は期待できます。広いホールなどで撮るなら大きな外部ストロボが必要です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる