ここから本文です

高1!英語!! This rule reads several ways. 「この規制は何通りにも解釈できる...

lel********さん

2012/12/3021:43:32

高1!英語!!
This rule reads several ways.
「この規制は何通りにも解釈できる」
この文なんですがどうしてseveral waysは目的語じゃないんですか??

補足だからそういう問題があって文法上どうして目的語にならないのか聞いてるのですが…

閲覧数:
830
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

spe********さん

2012/12/3022:16:19

文意から考えて「ルール」を解釈するのであって、「いくつかある解釈の方法」を解釈するのではないからです。このreadは自動詞の用法で主語を「解釈する」という意味ですね。

そして、このseveral waysは副詞的目的格といって、確かに品詞は名詞なのですが、時間・距離・方法・程度を示す名詞を副詞として考える例外的な用法があり、このseveral waysはそれにあたります。なので、このseveral waysはreadsを修飾する副詞という解釈になります。

質問した人からのコメント

2012/12/31 22:29:00

補足でわかりました!
ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yu0********さん

2012/12/3100:15:50

英和辞典を引いて下さい。

http://ejje.weblio.jp/content/read
【他動詞】の場合は、人間が「読む」という意味になるのに対して、
【自動詞】の5と6は、人間ではなく書かれた物が主語になり、
「~と読める」「~と解釈される」という意味のreadです。
自動詞だから目的語はありませんし、内容的にも、
ruleさんがwaysを対象としてreadするのはおかしいです。

http://ejje.weblio.jp/content/way
【名詞】のBの1のb
[前置詞 in を略して副詞的に用いて] (…の)やり方で,(…)ふうに.
Do it your own way. 君自身のやり方でしなさい.
your own wayはDoという動詞を修飾しています。
それと同じ使い方をしているのがseveral waysです。
もしseveral waysが目的語なら、上のyour own wayも名詞扱いになり、
Do(動詞)+it(目的語)のあとにまた名詞が来ておかしいことになります。

英語学者は、1つの文だけではなく、
Do it your own way.にもThis rule reads several ways.にも
他の同じパターンの文にも共通して説明できるような説明方法を
開発した結果、「[前置詞 in を略して副詞的に用いて] (…の)やり方で,(…)ふうに.」
という結論に至ったのです。それが辞書に書かれているというわけです。

yan********さん

編集あり2012/12/3111:38:48

最初の方がかみくだいた分かりやすい文法的な説明をされているのに、分からないのはあなたの問題です。
ここの回答者は手取り足取り教えてくれるあなたの家庭教師ではない。もっと謙虚な態度を持つべきです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる