ここから本文です

住民税について質問です。

nom********さん

2013/1/717:56:02

住民税について質問です。

基礎控除、配偶者控除、住宅借入金等特別控除などの控除は所得割から控除するのでしょうか?

それとも、所得割+均等割の合計額から控除されるのでしょうか?

閲覧数:
400
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sui********さん

2013/1/718:05:01

>基礎控除、配偶者控除、住宅借入金等特別控除などの控除は所得割から控除するのでしょうか?

そうではなく所得から基礎控除、配偶者控除等を控除して税率を掛けて所得割を出すのです。
住宅借入金等特別控除は所得税から引ききれない場合に所得割から引かれます(上限はありますが)。

>それとも、所得割+均等割の合計額から控除されるのでしょうか?

均等割に控除は関係ありません、

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

boo********さん

2013/1/718:16:09

いずれでもありません。
というか所得控除と税額控除がごっちゃになっています。

ますは所得控除。
「所得控除」という名前から想像がつくと思いますが、
「所得から差し引く」という意味をもちます。
つまり、所得から所得控除を差し引くのです。

給与所得者の所得は「給与所得控除後の金額」です。
そこから「所得控除の額の合計」を差し引くと課税所得になります。
所得税は課税所得に税率を掛けたものになります。

住民税の所得割も控除額こそ違えど、所得税と要領は同じです。
所得から所得控除を差し引き課税標準額(住民税の課税所得)を求め、
そこに税率10%を掛けて所得割額を導き出すのです。

次に税額控除。
名前のとおり、「税金から直接差し引く」という意味をもちます。
計算により一旦確定した税額から直接差し引くのです。
住民税においては住宅借入金等特別控除や調整控除がこれに当たります。

結論から先に書きますが、住宅借入金等特別控除は所得割からのみ控除されます。
では、同控除が所得割から差し引かれるのかそれとも年額から差し引かれるのか、
実際に計算してみましょう。
例えば、住宅借入金等特別控除が15万円で、所得税の課税所得が100万円で、
所得税額が5万円だった場合。所得税においての適用額は5万円ですね。
残った10万円のうち、住民税で控除されるのは5万円のみ。
この場合、所得税の課税所得(100万円)の5%という条件が適用されるからです。

課税所得額が195万円超であっても住民税の控除限度が97,500円なので、
結局どうやっても所得割より大きくなることはあり得ないのです。

ゆえに「所得割額からのみの控除」というのが回答になります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる