ここから本文です

減価償却の意味が分かりません。中学生でも分かる様な回答をお願いします。

jin********さん

2006/11/1717:16:18

減価償却の意味が分かりません。中学生でも分かる様な回答をお願いします。

閲覧数:
15,958
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gam********さん

2006/11/1718:02:48

事業を行っていく為に必要なものは、会社の経費で購入します。
例えば「運送屋さん」であれば、荷物を運ぶ為のトラック・トラックを動かす為の燃料・磨耗によるタイヤの交換・事務所の机や椅子等等・・・が経費と考えられます。
こういった「必要経費」は、事業によって得た利益から差引きが出来ます。(=差引いた分、税金が安くなります)ですから、事業を経営している人は、少しでも税金を減らすべく必要経費を計上します。
ところが、一時に多額のお金を払うけど長年に亘って利用できるもの(上記で言うと「トラック」がそれに当ります)については、来年も再来年も事業に利用できるので、1期で全額を必要経費と出来ず「多年に亘って少しづつ」経費として計上しなければなりません。
例えば今年100万円で購入したトラックは、12万円が必要経費で、残りの88万円は会社の財産として計上しなければならないんです。(数字は適当ですよ)で、残りの価値(88万円)のうち12万円を次の事業年度に再度「償却」(=経費計上)して残価が76万円となるわけです。
徐々に償却して資産価値を減価していくのが「減価償却」と言う訳です。
つたない説明ですが、ご参考になれば幸いです!

質問した人からのコメント

2006/11/17 18:57:55

笑う なるほど!だんだんと償却していくわけですね。
皆さんのご回答すべてとても参考になりました。
本っ当にありがとうございました!

「減価償却とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

not********さん

2006/11/1717:36:56

車でも建物でも機械でも、商売に使う物を買ったとしても、10万円以上の物だったら
1回で必要経費に出来ないと言う事です。
物により耐用年数は違うから(早見表あり)取得価格の90%を耐用年数(償却率)で割り、
また商売に100%使うか自家用でも使うかにより、全部が必要経費にならないかも知れないけど、
計算で出た金額はその年分の減価償却費として、必要経費に算入できると言う事です。

alp********さん

2006/11/1717:24:57

ちょっと違いますが、イメージということで・・・

ゲームソフトを買いました(新品)

すぐに中古屋に持っていくと、そこそこの値段です。
しばらくすると値段が付かなくなっていきます。(限定品とか考えないでくださいね)

大雑把にはこんな感じです。

時間と共に資産価値が下がっていくから、貸借を整えるために費用だてしていく、と。(資産そのものは減らせないから)

jir********さん

2006/11/1717:22:52

商売を始めるのに100万円で軽自動車を借り入れ金で買いました。

この借り入金は返さなければ成りません。

そこで商売して得た利益の中かから月々10万円を返して10ヶ月で完全にこの借入金を返しました。

此処でこの10ヶ月の間この軽自動車は月々10万円つづ・減価・されて最後には借入金を全部返して・償却・されました。

これで如何でしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる