ここから本文です

看護学生です。変形性膝関節症の看護計画を立てているんですがこの人は自力で食事...

machiryu3329さん

2013/1/2100:42:13

看護学生です。変形性膝関節症の看護計画を立てているんですがこの人は自力で食事ができないこともあり長期目標として最終的に自分で食事をすることができるようにするってことを考えたんですけど

短期目標が難しいです。短期目標何がふさわしいですかね?

閲覧数:
4,289
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yo_haco_koさん

2013/1/2101:06:06

変形性膝関節症でしたら、それに基づいた目標でなくても良いのでしょうか。そもそもひとりで食事が出来ないのは、変形性膝関節症のためではないのではないでしょうか。脳血管障害で嚥下機能が良くないとか、上肢が上手く動かせないとかであれば、最終目標が食事ができるでも良いと思うのですが、いかがでしょうか。変形性膝関節症の患者さんでは、例えばその患者さんが痛みのために今は車イス生活であれば、最終目標を痛みをコントロールして杖歩行が可能なようにする、短期目標をリハビリで筋力をつけて、立位を保持できるようにするなどにしてはいかがでしょうか。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。