ここから本文です

家庭的な理想の女性像を教えてください。 実在する人でも、物語の中の女性でも...

fur********さん

2013/1/2110:58:37

家庭的な理想の女性像を教えてください。

実在する人でも、物語の中の女性でも、いずれでも構いません。

閲覧数:
187
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zod********さん

2013/1/2322:59:58

現在の皇后さまも、、と思います。

質問した人からのコメント

2013/1/28 10:10:20

降参 実在する人で共感できましたので、BAとします。文学作品からの回答も参考になりました。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ban********さん

2013/1/2518:51:57

「美味しんぼ」作・雁屋哲 画・花咲アキラの(旧姓)栗田ゆう子。

尾崎一雄「芳兵衛物語」芳江。

kuw********さん

2013/1/2113:20:27

源氏物語に登場する「紫の上」。

彼女は満九歳ぐらいで光源氏に見初められてから四十少しで亡くなるまで、源氏一筋に愛情を捧げ盡くし、源氏の二条院、六条院に囲われ続けました。妻の務めに徹したばかりか、夫が他所の女に産ませた子にまで、最大の愛情を注ぎました。

源氏からは、ちょっと焼餅燒きだが理想的な妻として最大の愛情を受けましたが、子宝に恵まれず、とうとう源氏の愛人だった六条御息所の霊に取り憑かれ、危うく死にそうになります。恐ろしくなった彼女は、源氏に対し出家したいと申し出ますが、許されず、悲傷の内に亡くなってしまいます。

彼女を失った源氏は、あまりにも完璧な妻であった彼女に甘えていた自分と、その失ったものの大きさに気付きます。

紫の上こそ、古今の創作の中でも最高の女性像と言えるでしょう。源氏物語は、彼女の登場する卷がとりわけ痛切な感動をもたらすので、紫の物語と呼ばれることもあります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる