ここから本文です

みなさん、リトルバスターズはどのような系統のお話でしたか?(ネタバレは勘弁し...

ayato196さん

2013/1/2817:46:19

みなさん、リトルバスターズはどのような系統のお話でしたか?(ネタバレは勘弁してください。)

『MOON』はやってないのですが、『ONE 〜輝く季節へ〜』から麻枝さんのファンです。

繭シナリオではありえないくらい感動して泣いたのを覚えています。そこから『Kanon』でも特に真琴に泣かされ、もちろん『AIR』でも泣き、『CLANNAD』『智代アフター』と泣きに泣いてきました。今でも音楽を聴くだけで涙を流せる自信がありますw

社会人になって『リトルバスターズ』をやる時間がなかなかとれず、ファンとしてはあるまじき行為なのですが、積んでしまっています。もちろんレビューサイトなどを見ると、高評価を得ているので、やってはみたいのですが…。


そこで質問なのですが、過去の作品でいうところのどういう系統のお話でしょうか?レビューサイトはネタバレが怖くてあまり深く見れなくて・・・。

鍵作品に限らず、『泣きゲー』と呼ばれるものは一通りプレイしていますので鍵作品以外でも大丈夫です。

ちなみに私はちょっと鬱傾向と評価される作品が大好きです。『君が望む永遠』、『マブラヴ』、『CROSS†CHANNEL』、『沙耶の唄』、『銀色』などなど。

よろしければみなさんのご意見をお聞かせ下さい。

閲覧数:
343
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/1/2818:44:35

今までの作品とは違った意味で泣ける作品です。
AIRは家族。
Kanonはその運命。
CLANNADは人のはかなさ。
といった風に、何故泣けるのか、が色々と変わってきています(理由は人によって変わりますが……)。
この作品は「友情」に泣けます。
色々なルートがあるなかで、最終的に行きつくルートでそれが色濃く描かれています。
そしてそのルートこそが、この作品の真骨頂であり、最大のルートです。
このルートで流す涙は、どこぞのスポコン作品のような「熱い」ものではないですが、しかし非常に心に響いてきます。
「ああ、こういうのを親友と言うんだな」という奥底に響くものがあるのがこの作品です。
この作品をプレイすると、変な意味ではなく、友達が愛おしくなります。
そして自分もこうありたいと思えるようになります。

この作品は友達と言う、家族とは違う他人であるのに、非常に身近な存在の大切さ、素晴らしさ、そして尊さを感じさせてくれる作品です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「沙耶の唄 ネタバレ」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yorozuya43さん

2013/2/101:29:53

昨日refrainを終わらせたのですが。。。泣きました!!感動しました!!

2013/1/2922:37:53

KEYらしさからの脱却と、それでも残るKEYの実力。

といった感じでしょうか?

KEYの魅力は不思議な空気というか、現実を舞台にしながら、空想的な物語を作ることだと思います。

ですが、リトバスはそうしたファンタジー要素はある程度排除され、友情物語、熱血物語としての側面が強くなっています。

そうした新しいKEYの魅力の中に、実は少しずつ伏線が撒かれていて、終盤では、その熱血物語が一転、従来のKEY作品に見られる独創的な物語に変わります。


詳しくはネタバレになってしまうので言えませんが……
KEYの最高傑作かどうから、プレイヤー次第ですが、KEYの中でも一番力を入れている作品には間違いないでしょう。

KEYの他作品が苦手な人も、絶対楽しめます。


ただ、唯一欠点とすれば、終盤まで行くまでが大変といえば大変なのが玉に瑕ですね。
ルートごとにシナリオライターが違うので、クオリティに差があるのは仕方ないのかなと思います。

zerolancer00さん

2013/1/2900:19:54

リトバスは友情で泣けます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。