ここから本文です

遠近両用メガネ(強度遠視)のレンズのグレードについて

ran********さん

2013/2/202:21:56

遠近両用メガネ(強度遠視)のレンズのグレードについて

私は子供の頃に水晶体を摘出しているのですが、近々遠近両用メガネを新調しようと思っています。
家族がメガネ屋に行った時、ついでに相談してきてもらったのですが、
レンズには3段階のグレード(?)があり、性能はほぼ一緒だがレンズの厚さが変わってくると言われたそうです。
このグレードはそれぞれなんという名称なのでしょうか?
また、どのくらいレンズの厚さが変わってくるものなのでしょう?

閲覧数:
1,462
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

金 光一さん

編集あり2013/2/210:06:11

コンタクトを併用すれば、度なしに近い軽い遠近レンズにできますが、
コンタクトはダメなのですか?

+8.0Dに近用の+3.0Dが加わると、かなり中心が厚い、重いレンズになります。
屈折率を高くして、中心を薄くすることは可能ですが、かえって重くなり
お勧めしにくいです。

出来たら、ソフトコンタクトで試してください。」

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tm5********さん

編集あり2013/2/210:25:57

処方箋を持って相談に行ったのでしょうか?

残念ながら無水晶体の人の度数ですと選べるほどレンズはありません。
累進レンズならほとんどが+6.00か+8.00、頑張ってるのでも+10.00までです
知っている中では唯一セイコーのエンブレム1.74が+16.00まで作れます。
キャタラクトの2重焦点ならもっと強度も作ってますが、ちょっと調べましたが高屈折のものは見つかりませんでした。

ということで、作れるもので作る以外ありません。

別の質問で度数見ました
前述のセイコーの他にHOYAのトリニティ、アイディーが1.74 TF、サミットプレミアムが1.70で作れそうです。
ニコンは全滅でした。
0.04の屈折率の差はありますが微差です。
HOYAのレンズは左から高い順で揺れや歪みが小さくなります。

薄くしたいならフレームはフルリムで上下の幅は確保しつつ顔幅が許す限界まで小さい物を選び
HOYAでいうとHELP加工で作ってください。

2013/2/202:52:38

これはグレードというよりも、単に厚みの差を言っているだけですね。

これに関しては、特に共通をした呼称はありません。

さて、遠近両用眼鏡はメーカー各社から様々なレンズが販売されています。
そして、各メーカーのレンズには、それぞれランクがあります。
安くて購入をしやすい物から、極力歪みやユレなどが抑えられた高品質な設計の物まで様々です。

これを、厚みの差でしか説明できないような眼鏡店は、そこで眼鏡を購入する価値などありませんね。
ランクの低いレンズしか取り扱いをしていないのでしょう。

違う眼鏡店で、しっかりと説明を受けた方が良いですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる